東南アジア

  TOP不動産投資不動産投資コラム > 東南アジア

不動産投資セミナー
各種お問い合せ

お気軽にご相談ください。

・売買の疑問
・賃貸管理の最適化
・収益改善リフォーム など

ランドネットアジア進出!東南アジア諸国の現状

日本に有利な条件の揃う東南アジア圏

グローバル企業が肩を並べる

多数のグローバル企業がアジアに進出するなか、海外への関心が薄かった日本の不動産関連企業もアジアへの進出を積極化しています。最近、当初の中国住宅開発を中心としたアジア展開から東南アジアへの進出も目立っており、アジアでの不動産事業の拡大と多様化が進んでいます。

東南アジアでは、各都市が住宅需要拡大期にある他、人口ボーナス期が中国以上に継続すると予測されるなど、経済成長期間の長さも魅力です。また、香港企業やシンガポール企業との競争が厳しい中国本土に比べ事業機会が開かれており、親日的文化背景も日本企業にとって有利です。


アジア主要都市の一人あたりのGDP

中国と比べて有利な競争環境も東南アジア市場の魅力といえます。中国本土の各都市では、中心部一等地のオフィスビルや商業施設の多くを香港企業やシンガポール企業が保有し、圧倒的な存在感を示しています。

また、最近の大型開発の中心は香港企業や地元中国企業であり、中華圏で言語やネットワーク面で有利な香港やシンガポールの企業に対し、後発の日本企業が有望な投資機会を得ることは容易ではないことが想像できます。 しかし一方で東南アジアの各都市では、香港やシンガポール企業も圧倒的な存在感を示すにはいまだ至っておらず、日本や韓国企業の進出が混在しており、日本企業は事業機会の可能性の渦中にいるといえるでしょう。

当社は現在、台湾に事務所を構え、香港にも事務所を構える予定です。その後はタイ、シンガポールと東南アジアに進出し、世界的な企業となるべく、全社員で一致団結して動いていきたいと思います。



営業推進部


前のページへ戻る