1. 賃貸管理
  2. ペット可賃貸の最新トレンド
上下にスワイプでメニューを閉じる
賃貸管理

ペット可賃貸の最新トレンド

執筆者:Redia編集部 Redia編集部
はてなブックマークでシェアするボタン
lineでシェアするボタン

これまでペットを飼育するのは戸建に住む方を中心にファミリー世帯が多かったのですが、最近では一人暮らしでの入居希望者もペットの飼育を希望される方が多くなりました。

コロナ禍での在宅時間の増加をきっかけにペットを飼う方が増えたというデータもあります。

このようなペット飼育の需要の変化を踏まえて、ペット可マンション・アパートの最新トレンドをご紹介します。

賃貸物件においてペット可マンション・アパートは好まれやすく、以前は空室対策として入居が決まりづらい物件に「ペット可」を謳い文句にすることが多くありました。

最近ではペットと一緒に暮らすことができる新築物件も増えてきており、ペット可マンション・アパートの需要の高まりを反映するとともに、他の物件との差別化を図っています。

1.ペット可マンション・アパートの設備

近年のペット可マンション・アパートの設備には様々な工夫がされており、ペットや飼い主にとって暮らしやすい環境を提供しています。

1)足洗い場

エントランス近くに設けることで屋内に入る前に汚れを落とすことができます。

2)ドッグラン

屋上や敷地内に設けることでリードなしで自由に遊べる場を提供でき、運動不足やストレスの解消が期待できます。

3)ステップやキャットウォーク

居室内に設けることで高所を好む猫の遊び場になります。

4)ペット対応床材

フローリングではなく対応床材を使用することでペットの足への負担軽減となります。

5)ペット対応クロス

対応クロスを使用することで爪とぎ等のダメージを少なくすることができます。

2.ペット可にするメリット

賃貸市場においてペット可マンション・アパートは物件供給数が少なく、賃貸物件全体の10~15%程度とも言われています。そのため、通常の物件と比較すると入居率が高くなりやすく、その希少性から賃料設定を相場よりも若干高く設定することが可能になります

また、転居先を探す際のハードルが通常の物件よりも高くなるため、長期入居につながりやすく、安定した賃貸経営を行うことができます。

3.ペット可にするデメリット

一方で、ペットを居室内で飼育することで臭いや傷がつくことがあるため、原状回復費用が高額になる可能性があります。退去時の精算において退去者とトラブルになるケースもあるため注意が必要です。

また、臭いや鳴き声・騒音によるクレーム発生や、入居者同士でのトラブルの原因になる可能性があるため、他の入居者へ配慮しなければなりません。

こういったトラブルは契約時にペット飼育のルールや原状回復に関する取り決めを作ることで回避できることがあります。ペットの種類や大きさ、数やワクチンの接種状況等の申告内容や建物内・居室内での飼育方法といった内容をあらかじめルール化し、飼い主に周知・理解してもらうことが重要です。

また、敷金を多く預かることや原状回復時の負担箇所・負担割合を契約書に明記し、契約前に説明・了承を得ることで退去時のトラブルに備えることが可能です

なお、分譲マンションの場合、建物の管理規約によってペット飼育の可否が定められていることがあります。新規入居者の募集時にペット可に変更したい場合には、管理規約を確認する必要があります

4.ペット可マンション・アパートで安定した賃貸経営

近年のペット需要の高まりやペットを家族の一員として考える傾向から、今後もペット可マンション・アパートの需要は高まると考えられます。

既存の物件をペット可に変更するには設備導入やルール決め、既存居住者への周知等、準備することが多いため躊躇される方も多いかと思います。だからこそ、他の物件との差別化を図ることができ、空室対策・高い入居率の維持につなげることが可能です。ニーズに合ったペット可マンション・アパートを提供し、安定した賃貸経営を目指しましょう。

借主が部屋に求める条件の変化

dummy