1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. ワンルームマンション投資の失敗事例から学ぶ
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
不動産の購入

ワンルームマンション投資の失敗事例から学ぶ

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

ワンルームマンション投資を成功させるためには、ワンルームマンションで起きうる失敗事例を知っておくことも大切です。
失敗事例の中から失敗の原因を探り、予想されるリスクの対策を予め講じておくことがワンルームマンション投資の成功につながります。

では、ワンルームマンション投資の失敗事例を新築ワンルームマンションと中古ワンルームマンションの場合に分けて具体的にご紹介します。

1.新築ワンルームマンション投資の失敗事例

新築ワンルームマンション投資では、どのような失敗事例があるのでしょうか。失敗事例を確認することで、新築ワンルームマンションに投資する際、気を付けたいポイントが見えてきます。

新築ワンルームマンション投資の失敗事例1:借入金額が多すぎた

新築マンションは、販売促進費用が上乗せされた価格で販売されているため、中古マンションに比べるとどうしても物件価格は高くなってしまいます。

新築マンションのほうが入居者を見つけやすく、家賃も高めに設定できるのではないかと考えたAさんは多額の借入を行い、新築ワンルームマンションを購入しました。

しかし、新築といえども高すぎる家賃設定では入居者を集めることができず、焦ったAさんは家賃を相場に合わせた価格に設定し直して入居者を獲得しました。

その結果、新たに設定した家賃収入では経費を差し引くと収支がマイナスになってしまい、物件購入のために借り入れた金額を返済するのが厳しくなってしまいました

収支計画の精度の甘さが招いた失敗例といえます。

新築ワンルームマンション投資の失敗事例2:新築プレミアム効果が消えた

部屋も設備もすべてが新しい新築マンションは入居者にも人気があるため、同じような条件の築年数が経ったマンションと比較すると、多少家賃を高く設定した場合でも入居者を集めやすくなります。

しかし、いつまでも新築の状態が続くわけもなく、数年後には新築の魅力は失せていきます

Bさんは、新築ワンルームマンションを購入しました。投資を開始してからすぐに入居者を獲得し、順調に投資が進んでいるかのように思われました。

しかし、1人目の入居者が退去すると同じ条件で次の入居者を見つけることは難しく、空室期間が長くなることを防ぐために家賃を下げることになってしまいました

Bさんの収支計画では当初設定した家賃が長く続くことを想定していました。しかし想定よりも早いタイミングで家賃の値下げを行うことになり、数年で収支は悪化することになってしまいました。

これは、新築プレミアムを過信してしまったことに起因する失敗例です。

2.中古ワンルームマンション投資の失敗事例

新築マンションに比べて、物件価格が安く抑えられる中古ワンルームマンション投資では、どのような失敗事例があるのでしょうか。

中古ワンルームマンション投資の失敗事例1:設備の修理や交換費用に愕然

Cさんは、駅から近い場所にあるため入居者も集めやすいのではと考え、駅近の中古ワンルームマンションを購入しました。

妥当な価格で物件を購入できたと思った矢先、給湯器やエアコン、コンロなどの設備の不具合が立て続けに起き、その修理や交換に想定以上の費用がかかってしまいました。

物件購入時に設備の設置時期や取り換え時期を確認しておかなかったことを後悔しましたが、設備故障を放置することはできず、新しい設備を導入するほかに方法がありませんでした。

この失敗例では、中古ワンルームマンションは新築マンションに比べて老朽化によるリスクが高いことを認識し、修繕費をあらかじめ想定しておくことの大切さを示しています。

設備保障がある不動産会社もありますので、そちらで検討するのが安全でしょう。

中古ワンルームマンション投資の失敗事例2:売却価格が低下した

Dさんは中古ワンルームマンションを購入したものの、思ったよりも収益を上げることができず、傷口が大きくなる前に手放した方が良いのではと売却を決意しました。

しかし立地が悪かった為になかなか買い手がつかず、売却価格は購入時の金額よりもずっと低い額となってしまいました

中古マンションの購入を検討する際には、立地によっては将来的に売却する際の売却価格は低下することがある為、立地が良いエリアや条件の物件を選ぶことも必要です。

3.まとめ

新築ワンルームマンション投資、中古ワンルームマンション投資の失敗事例をご紹介しました。新築ワンルームマンションには新築だからこそのメリットやリスクがあり、中古ワンルームマンションにも中古だからこその魅力や注意点があります。

ワンルームマンション投資を失敗しないためには、これらの失敗事例を教訓に、新築・中古ワンルームマンション投資のそれぞれのリスクを極力回避するための対策を事前に考えておくことが大切です。

【関連記事】ワンルーム投資は新築?それとも中古?成功事例と儲からない物件の違いとは

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy