1. TOP
  2. 不動産投資を学ぶ
  3. 不動産投資の成功率を上げる方法
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
不動産投資を学ぶ

不動産投資の成功率を上げる方法

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

不動産投資は、他の投資と同様に成功することもあれば失敗することもあります。

投資を始めるからには、誰しも失敗することなく成功したいと考えるのは当たり前のことです。

では、どうすれば不動産投資の成功率を高めるができるのでしょうか。

今回は不動産投資で成功する上で重要な考え方と方法についてご紹介します。

1.不動産投資の成功率の考え方

不動産投資の成功率を上げるためには、まずは何をもって不動産投資の成功とするのかを明確に定めておかなければなりません。

1)不動産投資の目標をどこに設定するか

不動産投資を始める理由は人それぞれです。

不動産投資で安定した収入を得たい人もいれば、不動産投資は節税対策として考えている人、老後の年金代わりとして考えている人など、投資家によって不動産投資の目的が異なります。

そのため、どこに目標を設定するかによって不動産投資の成功率も変わってきます。

また、不動産投資の具体的な成功率を発表している機関はなく、不動産投資の成功率は一概に何%と言い切ることはできません。

しかしながら、不動産会社が示しているデータ等を参照すると、(参照データがあったほうがいいです。。)それぞれの目標における不動産投資の成功率はおおよそ以下のようになっています。

目標ごとの不動産投資の成功率

・不動産投資で得た収益だけで生活を送りたい、不動産投資を事業として確立させたい場合の成功率は、10%以下

・不動産投資からの収入は副収入と考えて安定した収入を得ることを目標とする場合の成功率は、約50~60%

・不動産投資を節税対策や将来の年金・保険代わりとして考えている場合の成功率は、約70~80%

これらは公的な調査結果ではありません。

しかし、この情報からは不動産投資の収入だけで生活を支えることや事業規模まで発展させることを目標にした場合の成功率は、かなり低くなること、副収入を目標とする場合は約半数が成功していることを読み取ることができます。

2.不動産産投資の成功率を上げるためにできること

不動産投資の目標をどこに定めた場合であっても、成功率を高めるためには目標に向けた努力が必要です。

1)不動産投資についての勉強・情報収集を怠らないこと

不動産投資を始める場合には、まず投資対象となる物件を選ぶことから始まります。

その際、不動産会社に勧められるままに投資を開始するのではなく、提示される情報や条件の信ぴょう性を自分で確認したうえで投資を始めることが大切です。

そのためには物件の立地や周辺の家賃相場、賃貸物件の入居状況等も自分で調査し、正しい情報を見極める必要があります。

また、セミナーや他の投資家との情報交換にも積極的に参加し、不動産投資に関する知識を身に着け、キャッシュフロー等の計算も自分でできるようにしておくことをお勧めします。

2)信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産会社によってワンルームマンションの取り扱いが多いところ、新築物件の取り扱いが多いところ等、得意とする分野は異なります。

自分の投資スタイルに合わせて、自分の考えに合った不動産会社を選ぶことも大切です。

 

また、不動産会社が信頼できる会社であるかどうかはもちろん、担当者も信頼できる人物であるかどうかを見極めることも重要です。

そのためには一社の話を鵜呑みにすることなく、比較するためにも複数の不動産会社の話しを聞くことが必要です。

そのうえで、自分が身に着けた知識や他の投資家の意見等を参考にしながら、より自分に合った会社、より信頼できる担当者を見極めるようにしましょう。

関連:不動産投資セミナーに参加すると「知識武装」ができる!選び方のポイントとは?

3.不動産投資の成功率アップのカギは、諦めないこと・妥協しないこと

不動産投資の成功率をより高めるためには、どのようなことに気を付けて投資を行えばよいのでしょうか。

1)不動産投資の成功率を高める諦めない力

不動産投資の成功率を高めるためには、投資を始める前の物件選びが何よりも重要です。

立地条件が良く、周辺環境も良好、物件の状態も良好でなおかつ物件価格も想定内の価格にある物件は、そうそう見つかるものではありません。

納得のいく物件が見つかるまで、また、自分の投資スタイルにマッチし、且つ信頼できる不動産会社に出会うまで、すぐに諦めることなく、継続して物件探しを行いましょう。 

2)不動産投資には長期的な視野が大切

不動産投資は、投資を開始してすぐに大きな利益を得られるものではなく、長く運用することで収益を得られる投資です。

したがって、不動産投資では長く安定して運用できる物件を選ぶことが成功につながると言えます。

 

「物件価格が相場よりも安いから」、「今は話題のエリアだから」といった一時的な理由で物件を選ぶことは危険です。

将来も賃貸物件としての需要が見込める立地にあるかなど、長期的な目線で物件を見極めることも大切です。

関連:不動産投資で東京の物件をおすすめする理由5つとは?データと共に解説!

まとめ

不動産投資の成功率を高めるには、まずは何をもって成功とするのか、不動産投資の目標を明確に定める必要があります。

そのうえで、信頼できる不動産会社に出会えるまで粘り強く行動し続けることが何よりも大事だと言えるでしょう。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy