1. TOP
  2. コラム
  3. 不動産投資の勉強に資格は不要?プロが本当におすすめする資格3選とは
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
コラム

不動産投資の勉強に資格は不要?プロが本当におすすめする資格3選とは

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

不動産投資を始めるときには、何らかの資格が必要というわけではありません。
しかし、不動産投資を成功させるために勉強することは大切なことです。不動産投資に役立つ知識は、不動産に関わるものはもちろん、賃貸経営の知識、税金の知識、法律に関する知識など幅広い分野に亘ります。
不動産投資を考えている人の中には、せっかく勉強するのであれば何か資格を得られるものが良いのではと思っている方もいるのではないでしょうか。
今回は、不動産投資の勉強がしたいけれど、どの資格が良いのかわからないと迷っている方のために、不動産投資の勉強におすすめの資格をご紹介します。

1.不動産会社のプロが本当におすすめする資格3選

不動産投資に役立つ資格には、さまざまなものがあります。その中でも、不動産投資のプロが本当におすすめする資格は以下の3つです。

1)宅建士

宅建士の正式名称は「宅地建物取引士」であり、不動産取引に特化した国家資格です。

宅建士には、資格を持つ人のみが行うことのできる独占業務があります。

それが不動産契約時に行う重要事項説明と重要事項説明書への記名・押印、契約書への記名・押印です。

宅建士を取得すると不動産に関連する法律の知識が身に付き、不動産投資用の物件を取得する際に必ず必要となる重要事項説明の内容も理解できるようになります。

>>宅建についてもっと知る

2)FP2級

FP2級とは、2級ファイナンシャルプランニング技能士のことです。

FP技能士は家計のホームドクターともいわれる存在で、最適な生命保険の選び方や資産運用の仕方など、希望するライフプランを実現するためのお金の相談を受けることができる資格です。

等級制の資格で、3級・2級・1級があります。中でもお勧めなのが2級です。

 

FP2級は、個人のファイナンシャルプランニングだけでなく、法人のファイナンシャルプランニングもできるのが特長です。

税金の制度について体系的に学ぶことができます。不動産の取得時や売却時にかかる税金についてや確定申告の知識が得られるほか、年金や保険の仕組みも知ることができるため、キャッシュフローのシミュレーションに役立ちます。

3)賃貸経営管理士

賃貸経営管理士は、賃貸不動産経営管理士のことで2021年4月に国家資格となった賃貸不動産の管理に関する資格です。

賃貸住宅の管理に必要となる知識を学ぶことができます。

物件管理や入居者管理、原状回復工事などについて詳しい内容を把握することに役立ちます。自主管理時だけでなく管理会社を選ぶときにも活用できます。

>>賃貸不動産経営管理士についてもっと知る

2.不動産投資の種類別のおすすめ資格

どのような物件に投資を行うかによっても、不動産投資を成功するために必要となる勉強は異なります。中古ワンルームマンション投資を行う場合と木造系の不動産に投資を行う場合に分けて、おすすめしたい資格をご紹介します。

1)中古ワンルーム投資の場合

1)管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理業者が管理組合と締結する管理委託契約に関する重要事項説明や管理業務報告を行うことができる国家資格です。

管理会社側の立場に立ち、管理会社の業務の内容や区分所有法の基本的な内容、建物の保全や管理に関わる知識を勉強することができます。

2)マンション管理士

マンション管理士は、マンション管理組合の指導やサポートなどを行うマンション管理のコンサルタント業務を行うことができる国家資格です。

管理費や修繕積立金の相場や考え方、区分所有法の全体像など、ワンルーム投資に役立つ知識を身に付けることができます。

ただし、マンション管理士はここで紹介している国家試験の中でも合格率が非常に低く、難関試験となっているため資格取得を目指すには相当な勉強が必要です。

>>マンション管理士についてもっと知る

2)木造系の不動産投資の場合

3)ホームインスペクター

ホームインスペクターは住宅診断士とも呼ばれる資格で、住宅診断に関する専門知識を持つことを証明するものです。住宅全体の劣化状態や欠陥の有無、改修すべき箇所や改修すべき時期、費用などを見極める知識を身に付けることができます。

そのため、中古戸建てや木造アパートの投資を行う場合には、建物の状態や修繕が必要となる箇所を見極めることができ、物件取得時やリフォーム時などにその知識を活用することができます。

資格よりも大事なこと

不動産投資を成功させるためには、さまざまな知識を身に付け勉強することが大切です。しかし数多くの資格を取得することが必ずしも投資の成功につながるわけではありません。

不動産投資のための勉強が、資格を取得することが目的の勉強となってしまっては本末転倒です。

不動産投資を成功させるためには、資格取得に励むよりもさらに重要なことがあります。

それは、自分の投資目的に合わせ、自分が求める不動産投資を実現することができる不動産会社を選ぶことです。

物件の仕入れ状況や価格はもちろん、低金利で借り入れることが可能な金融機関との提携状況、どの分野を得意としているかなど、不動産会社のストロングポイントを比較し、信頼できる不動産会社を見つけることが、不動産投資を成功させるための最大のカギとなります。

不動産会社の特徴を知るためには、各社が開催しているセミナーに参加して、自分の目と耳で不動産会社の実態を見極めることが大切です。

>>合わせて読みたい「賃貸経営を成功させる!賃貸管理会社の選び方

まとめ

不動産投資を成功させるために、勉強しておきたいおすすめの資格をご紹介しました。不動産や賃貸管理に関する知識など、勉強して身に付けた知識は不動産投資に確実に役立てることができるでしょう。

しかし不動産投資で最も重要なことは、自分の投資スタイルや希望に合致した信頼できる不動産会社を見つけることです。

積極的にセミナーに参加して、各社の特徴や強みを比較しながら自分に合う不動産会社を見つけてみてはいかがでしょうか。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy