1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. 【住宅ローン】固定金利とは?変動金利とどっちがいいか比較!
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

特別合同セミナー「100年ライフの投資運用法教えます!(マンション投資×賃貸経営×生命保険活用法)」開催決定
不動産の購入

【住宅ローン】固定金利とは?変動金利とどっちがいいか比較!

執筆者:棚田 健大郎 棚田 健大郎

マイホームを購入する際、ローンを組まずに買えるという方は多くないでしょう。

年収の何倍もの買い物ですから、住宅ローンを利用して購入するかと思いますが、住宅ローンには主に固定金利型と変動金利型、そしてこの2つの特徴を合わせ持つ固定金利選択型の3つの金利タイプがあります。

そこで今回は、固定金利型住宅ローンとはどのようなタイプか、その他の金利タイプと比較したメリット・デメリットなどを解説していきたいと思います。

1.固定金利とは

固定金利とは

借り入れした時点から、借入期間の金利が固定されていて、払い終えるまで金利が変わらないタイプのローン。

毎月の返済額が確定しているので安心ですし、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

借入期間中に世の中の金利が低下、もしくは上昇する可能性がありますが、その場合も借入した時点の金利がずっと適用されるため、返済額が減ったり増えたりすることはありません。

2.変動金利との違い

変動金利とは

返済期間中に金利の見直しが行われるタイプのローン。

世の中の金利が下がれば返済額が減り、金利が上がれば返済額が増えることになります。

固定金利は、一般的に変動金利よりも金利が高めに設定されています。

しかし、金利が上昇しても返済額が変わらないというのは固定金利の最大のメリットなのではないでしょうか。

3.固定金利選択型とは

固定金利選択型とは

借入れ時、3年、5年、10年などの決められた一定期間、金利が固定されているタイプのローン。

固定金利で借入れた一定期間が終わったら、あらためて変動金利にするか固定金利にするかを選択する。

特徴としては、固定金利期間が短いほど金利は低くなるという傾向があります。

固定金利と変動金利のいいとこ取りのようにも思えますが、固定金利期間終了後の世間の金利が次に選択した金利に適用されるので、その際金利が上昇してしまう可能性があるでしょう。

4.固定金利の一つ、フラット35とは

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関の提携による、全期間固定金利型の住宅ローンです。

その名前が示す通り、最長35年間金利が固定されており、借り入れの際に金利と返済額が決定されます。

>>最新の「フラット35」事情(投資用との併用について)を確認する

 

フラット35の大きな特徴として、団体信用生命保険(団信)へ加入しなくても良いという点があります。

民間の金融機関の住宅ローンでは、ローン契約者が万一亡くなったり、重度の障害で働けなくなったりした場合、ローン残金を保険金で肩代わりしてくれる団信へ加入しなければなりません。

団信に加入するには、一概にはいえないかもしれませんが、健康に問題がないことが条件であるため、団信への加入が必須ではないフラット35は、健康上の理由で団信に加入できない方にも広く窓口が開かれていると言えるでしょう。

>>合わせて読みたい「不動産投資は生命保険の代わりになる?「団体信用生命保険」とは

5.固定金利型に向いている人

1)子どものいる家庭、もしくは将来的に子どもを考えている家庭

子どもがいると、教育費がかかり、それがどの程度かかるかは予想が難しいです。

例えば、私立の学校に通うか公立の学校に通うかで、かかる費用は全く違ってきます。

 

しかし、固定金利型であれば、住宅ローンの支払い額が変わることがないので、月にどのくらいローンによる支出があるか、私立に通わせることになったとして教育費や学費をどれだけ残しておけばいいかなどの計算がしやすく、将来設計が立てやすいでしょう。

2)景気に左右されない安定した収入がある人

公務員やサラリーマンは、毎月ほぼ決まった額の月収があり、安定していますが、変動金利型で金利が上昇した場合に支払額が増えても、収入が増えるわけではないので、いざ支払額が増えてしまった場合に家計を圧迫してしまうことになるでしょう。

 

金利は、好景気の時に高くなり、不景気の時に低くなると言われています。

よって、景気に左右される職業であれば、変動金利の方が向いており、安定した給与がある職業であれば固定金利の方が向いていると言えるのではないでしょうか。

6.固定金利型のデメリット

もし、この先も金利が低いままであれば、変動金利のほうが総支払額は少なくてすみます。

金利が上がらず低いまま推移すると仮定し、総支払額を計算した場合、固定金利よりも変動金利の方が数百万円も安くすむケースもあり、この差は大きいでしょう。

 

実際、現在は金利が低いということも手伝って、変動金利型ローンを選ぶ人も多いです。

しかし、この先数十年において金利がどのように推移するのか、上がるのかそれとも下がるのかは誰にも読めないことです。

 

万一金利が上昇した場合は、総支払額が金利に左右されることなく変わらないということは、デメリットではなくメリットになるのです。

まとめ

マイホームは一生に一度の大きな買い物といっても過言ではなく、住宅ローンの金利タイプを選ぶ際は、固定金利型がいいか変動金利型がいいのか悩むと思いますが、どちらが良いかは各家庭のライフプラン次第でしょう。

 

決まった額の支払いの方が無理なく生活していけるので固定金利型のほうが向いている家庭もあれば、共働きである程度資金に余裕があり、金利が上がってもそこまで家計を圧迫しないのなら、変動金利型の方が向いている家庭もあります。

 

また、団信に加入できない場合、フラット35という選択肢もあるので、どの金利タイプが良いのかは、自分の健康状態や、今の年齢と返し終える予定の年齢、子どもの有無、ライフプランなど、様々な点を考慮して決めるべきでしょう。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy