1. リフォーム
  2. リノベーションとリフォームの違いとは?
上下にスワイプでメニューを閉じる
リフォーム

リノベーションとリフォームの違いとは?

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

1.「リフォーム」と「リノベーション」の違い

リフォーム

一般的に「リフォーム」と呼ばれているのは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことをいいます。
例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどが「リフォーム」に該当します。

リノベーション

一方で「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。

例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

つまり違いは、「リフォーム」はマイナスからゼロに戻すことを目的とするのに対して「リノベーション」はプラスアルファの価値を与えることにあります。

2.「リノベーション」事例

当社は、「不動産総合商社」と掲げ中古マンションを「リノベーション」した、プラスアルファの価値を持った中古マンションをお客様に提供するワンストップサービスを行っています。

ワンストップサービスの実現過程におきましては、お客様と二人三脚でお客様に最適なプランを提示いたします。
以下は、当社が行った「リノベーション」の一例です。

BEFORE

AFTER

3.新築マンションから中古マンションへの需要の転換

首都圏マンション市場において、中古マンション成約件数が新築マンション供給戸数を上回りました。

この出来事はマンション市場始まって以来の出来事です。この転換の要因としましては、まず、1つ目に新築マンションの価格高騰があげられます。

次に、「リフォーム」と言われた家の改築が、若い世代では「リノベーション」という言葉に変化し、古き物の価値を守りながら、自分好みにカスタマイズするという意識の変化が生じたことによるものです。

このような意識の変化によって「リノベーション」工事が流行し、中古マンション市場に新たな需要層を取り込み、その結果、中古マンションの成約件数が増加したと考えられます。

ここまで、「リノベーション」という用語を使用してきましたが、従来の「リフォーム」と「リノベーション」にどのような違いがあるのでしょうか。

4.中古マンションの可能性

世界的に見ると日本の既存住宅流通シェアは圧倒的に低く、「中古住宅後進国」と言われても仕方のない状況となっています。
もっとも、最近は新築至上主義は薄れ、「リノベーション」の技術が進化し「中古で」ではなく「中古が」いい、という積極的な理由で中古マンションを選択する傾向になってきています。

この流れの中、政府は中古住宅市場の活性化を目指すべく、インスペクション・瑕疵保険等の法制度化を行っています。

このように、中古住宅市場活性化により、中古マンションの可能性は高まっています。特に、当社がメインとして取り扱っているワンルーム中古マンションに関しては、「投資」という観点で可能性を有しています。

5.まとめ

これからより活性化していく中古住宅市場において、住まいとしてはもちろんのことですが、暮らしを支える資産として不動産を選択していただければと思います。

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中