1. 不動産の購入
  2. 副業としての不動産投資のあり方
上下にスワイプでメニューを閉じる
不動産の購入

副業としての不動産投資のあり方

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

副業を始める人の理由として、やはり収入の増加が一番大きいのではないでしょうか?収入は増やしたいけれど、手間暇はかけたくないという方に特におすすめなのが不動産投資です。

今回はなぜ副業として不動産投資がおすすめなのかをご説明します。

1.不動産投資は副業の王道?

現在公務員の他にも副業を禁止している企業は多くありますが、不動産投資を行う上で得られる家賃収入は一般的に副業とみなさない企業が多く見られます。なぜなら、例えば投資用マンションなどを相続した場合、それらの家賃を得るマンション経営が行えなくなってしまうからです。

条件によっても異なりますが、一般に不動産投資が副業にあたるかあたらないかの目安は「510」と言われています。これは戸建ての物件を5もしくは、区分所有と言われるマンションの部屋を10持っているという状態のことです。この範囲以上ですと「事業的規模」とみなされることが多いため、所得税等の控除額が異なってくるからと言われています。

そのためこの範囲内であれば、副業には含まれないとされることが多く、例えばマンション1室を保有している場合は、この目安に当てはめると副業には含まれず、副業として不動産投資を行うことができます。

ただ、勤め先によって副業に関する規定は異なりますので、副業を始める前に働いている勤め先の就業規則等を確認するようにしましょう。

2.副業として不動産投資をはじめる前にやっておくべきこと

購入までの計画、自己資金の準備

不動産投資はまず物件を購入するところから始まるため、購入までの資金計画、自己資金の準備はとても大切です。現在、頭金と呼ばれる購入申込時に一括で支払う一定の額についても、頭金なしでローンを組むことが可能です。

また不動産投資の場合、購入者の社会的信用枠に応じてローンを組むことができるため、購入者によって組めるローンの上限金額が異なってきます。

そのため、無理なくローンを返済するために自己資金をどのくらい用意できるのか、毎月の返済計画をイメージしておくことで、自分にあった価格帯の物件を知ることもできます。

信頼できる不動産会社探し、購入物件の選定

不動産投資の成功・失敗をわける大きな要因の一つに不動産会社選びが上げられます。

物件を購入するには、不動産会社を利用することになるため、以下の条件を参考に不動産会社を選びましょう。

  • 投資物件に強い
  • 現在の物件だけでなく、未来の見通しも含めて物件の提案・シミュレーションを行ってくれる
  • 購入物件の良いところだけでなく、悪い点についても説明してくれる
  • 対応が丁寧かつ迅速

また物件選びについて、不動産会社に丸投げするのではなく、どういう物件が良いのかあらかじめ考えておくことも重要です。

物件にも様々な種類があるため、ローンの返済計画と併せてどのくらい家賃収入を得たいのか、将来いつ時点までにいくら貯めたいなど具体的な目標をたて、シミュレーションを行う方がより不動産投資が上手くいく傾向にあります。

3.副業としての不動産投資の3つのメリット

今話題の副業で自分のWebサイトやブログに企業の商品やサービスの紹介文書き、広告収入を得る「アフィリエイト」や、自分の能力を活かして企業から業務の一部を請負い、自宅でその業務を行う「クラウドワーキング」など、休日や空いている時間を使って仕事を行うとはいえ、時間をかけて文章を執筆したり、作業を行う時間がどうしてもかかってしまいます。

しかし、不動産投資には大きなメリットとして以下3つが上げられます。

1)本業の片手間で行うことができる

不動産投資を行う場合、物件の管理や入居者からの家賃徴収、入居者の募集などを行わなければなりませんが、これらはすべて賃貸管理会社に任せることができるため、自分の時間を費やすことなく本業に専念することができます。

賃貸管理会社には賃貸管理手数料を支払わなければなりませんが、賃貸管理会社を挟まず自身で家賃の徴収や入居者からのクレームなどに対応することを考えれば、とても楽だといえます。

2)自己資金0円から始めることができる

お伝えした通り物件を購入する際は、自身の社会的信用枠を利用してローンを組み、返済を行っていきます。そのため自己資金0円から始めることが可能です。

また、勤続年数が長い会社員や公務員の方であれば、通常よりも審査に通りやすくまたより良い条件でローンを組むことができるかもしれません。

ローンについても、購入した物件の家賃から返済を行うことができるため着実に返済を行うことが可能です。

3)不労所得を得ることができる

不動産投資を行って得ることができる家賃収入や株などの労働をせずに得た利益のことを不労所得と言います。不動産投資は一度物件を購入し、入居者が住み続けている場合は継続的に家賃収入を得ることができます。

そのため働けなくなったとしても、家賃収入は定期的に入ってくるため年金と同じような感覚で持たれている方もいます。

もちろん物件を売却することもできますので、購入する際に良い立地かつ目減りしにくい物件を購入することで売却後の利益も十分に確保することが可能です。

4.まとめ

副業としての不動産投資の魅力をお伝えしてきましたが、不動産投資であれ他の副業であっても、毎月どのくらいの収入を手に入れたいのかをイメージすることと、無理のない範囲で始めることが重要です。

副業はあくまでも、本業と両立して行うことが前提となります。不動産投資は、本業が忙しくあまり時間がないが収入は増やしたいという方にもってこいの投資といえます。

先にお伝えした、「購入までの計画、自己資金の準備」「信頼できる不動産会社探し、購入物件の選定」をしっかり見極めて行うことで、不動産投資を成功に導くことができます。

また、始める前に会社の就業規則を今一度確認しましょう。副業が禁止されている場合であっても、不動産投資については問題ないという可能性もあります。本業が忙しいからと後ろ向きにならず、ご自身にあった副業にチャレンジしてみてください。

無料の不動産投資セミナーに参加するだけ!ギフト券プレゼントキャンペーン。弊社主催の不動産投資セミナーに初めて参加の方限定!