1. 不動産の購入
  2. 魅力がいっぱい?不動産投資のメリット
上下にスワイプでメニューを閉じる
不動産の購入

魅力がいっぱい?不動産投資のメリット

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

インターネットの普及に伴い、FX、アフィリエイトなど様々な副業や資産運用手法が増えています。

その中でも不動産投資は長期的に安定した資産運用法として今、注目を浴びています。
不動産投資といえば、以前は投資額が大きく富裕層向けの投資でしたが、現在はお手頃価格の中古ワンルームマンションが増え、気軽に購入できるようになりました。

また、FXやアフィリエイトとは違い特別な能力がいらず、物件選定さえ間違わなければ安定した収益を得ることが可能なのも魅力的です。そのため不動産投資は老後資金、年金対策として有効です。

1.不動産投資のメリット1「損益通算」

損益通算とは不動産所得を含め2種類以上の所得がある時、それぞれの所得と損失を合算した上で課税額の計算ができるというものです。

例えば、本業であるサラリーマンの所得が黒字(利益)、副業である不動産業に赤字(損失)があった場合、この2つをまとめて計算することで不動産業での赤字を相殺することができます。
これにより、課税対象である本業での利益が減り、税額も本来より小さくなるのです。

法律では所得は10種類に分けられています。全ての所得がこの損益通算できるわけではありません。不動産所得や事業所得等、特定の所得のみ損益通算することができるのです。

2.不動産投資のメリット2「減価償却」

不動産(建物)のように時間の経過によって価値が下がっていくものにかかる、ものの劣化代のことを減価償却費といいます。土地など、価値が下がらないものはこの対象外です。

価値が下落した分を分割して、毎年経費として計上しようというのが減価償却です。つまり、実際には支払われない費用にもかかわらず、帳簿上は経費として計算することができ、税額計算上の所得(利益)から控除することができるのです。

減価償却を上手く利用し資金をコントロールすることで、出資費用のバランスを取ることができ、節税につながります。
減価償却ができる所得は、副業レベルではあまりありません。他の所得にはない不動産投資ならではのメリットです。

無料の不動産投資セミナーに参加するだけ!ギフト券プレゼントキャンペーン。弊社主催の不動産投資セミナーに初めて参加の方限定!