1. コラム
  2. 30年で老後資金1億円を作る方法
上下にスワイプでメニューを閉じる
コラム

30年で老後資金1億円を作る方法

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

30万部突破したLIFE SHIFT(ライフ・シフト)という本では、寿命は10年で2年伸びており 現在20歳の方が100歳まで生きる可能性は50%以上あると言われています。

長寿になる人生において不安になるのは老後の資金ではないでしょうか?サラリーマンであれば定年を60~65歳と仮定した場合の残り30年を生き抜くためには、どうすれば良いのかをご説明します。

1.超高齢化社会を生き抜くために老後資金はいくら必要?-どのように老後資金を作るのか

日本では、超高齢化社会を迎えて年金不安や医療費負担の増加や増税など将来の不安は尽きません。私的年金作りが必須である私たちは老後資金でいくら必要なのか計算してみましょう。

60~65歳で定年を迎えてから90~95歳までの資金を確保するとなると30年分の資金を準備することができれば安心ではないでしょうか?

1か月の収入が30万円だと仮定すると、1年間で360万円30年間だとすると1億円以上必要です。
これが、老後資金1億円必要だという理由です。
実際には年金等の収入がありますのでここまでは必要ないのかもしれませんが自分の未来を想像して下さい。

お仕事を定年退職すると時間はたっぷりあります。そこで、今までできなかった趣味や海外旅行などセカンドライフの充実を考えた際に、お金はたくさんあった方が良いと思いませんか?

この1億円を30年で作ろうと思えば、逆算して月々28万円貯めていかなければなりません。年収500万円のサラリーマンの可処分所得(手取り収入)はおよそ380万円ですので、月々の収入は31.6万円です。ここから28万円を貯金することは困難ではないでしょうか。

また、貯金にはインフレによる目減りリスクがあります。現在の1万円が将来1万円の価値があるかはわかりません。

1968年12月10日に発生した3億円事件では、現金輸送車から3億円が盗まれました。この事件で盗まれた3億円は、現在の20~30億円の価値があるとも言われています。※当時の大学卒業後の初任給が3万円だったため

たった50年間で10倍近くインフレになったことを考えれば、私たちの老後資金として貯金だけに頼るのは心もとないです。

それでは、どうやって1億円を作ればいいのか実はシンプルな方法があります。

銀行でお金を借りて不動産を買いましょう。銀行での支払いを不動産からの家賃収入で行っていくことで、自分のお財布からお金を使うことなく、他人の収入で資産形成ができます。しっかり物件を見極めて購入することによって、家賃収入から管理費や修繕積立金、ローン支払いを差し引いても月々収支プラスで回ります。

これを区分所有のワンルームマンションで行えば、空室リスクや物件の組み換えなども可能ですので、より確実性の高い運用が可能です。やり方次第では、1億円の資産を2億円にする方法もあります。詳しくは個別相談や不動産投資セミナーでお伝えさせて頂きます。

2.おわりに

私がお伝えしたいことは、お金を節約してお金を貯めても将来の不安は拭えないということです。時代は変化しています。変化に柔軟かつ迅速に対応する準備を始めましょう。今の自分は過去の自分の成果、未来の自分は今の自分の選択にかかっています。

今のライフスタイルを変えることなく、明るい未来を作りましょう。

無料の不動産投資セミナーに参加するだけ!ギフト券プレゼントキャンペーン。弊社主催の不動産投資セミナーに初めて参加の方限定!