1. 不動産の購入
  2. 中古マンション購入で理想の暮らしを実現(ファミリー編)
上下にスワイプでメニューを閉じる
不動産の購入

中古マンション購入で理想の暮らしを実現(ファミリー編)

執筆者:棚田 健大郎 棚田 健大郎

マイホームというと新築一戸建てを夢見る人がたくさんいましたが、最近では手軽に手に入る中古マンションで理想のマイホームを実現する人が増えてきています。

そこで本記事では、ファミリー層が中古マンションを購入するメリットについて解説したいと思います。

1.ファミリー層が物件を探す時のポイント

ファミリー層の物件探しは、単身者の物件探しとは見るべき部分が違ってきます。

単身者の物件探しは駅からの距離が重要視される傾向にあり、選択肢に入るエリアについても比較的広範囲である傾向があります。

対してファミリー層の物件探しは、駅からの距離よりも住環境が重視される傾向があり、駅から遠くても保育園、幼稚園、学校といった子供が通う施設や、スーパーや病院といった日常生活に必要なインフラに対する利便性の方が重要視されるのです

また、間取りについても部屋が広くなる分選択肢が多様化するため、各家庭の事情によって希望する間取りが異なる傾向があり、なかなか希望通りの物件が見つからないことも少なくありません。

子育て世代や同居世代の選択肢

ファミリー層の中でも子育て世代や、両親と同居している世代の家庭については、同居する全員の希望がかなう物件がなかなか見つからないというケースがよくあります。

子供であれば学区の問題、高齢者であれば病院の問題など、単身者の物件探しとは違い様々な要素を考慮して物件を探さなければならないため、どうしても選択肢が狭くなる傾向があるのです。

2.中古マンションの魅力

このように物件探しの選択肢が絞られがちなファミリー層におすすめしたいのが、中古マンションです。マイホームといえば新築を希望する人が多いかもしれませんが、新築に選択肢を絞ってしまうと場所が限定されたり、せっかく見つかっても間取りが気に入らなかったりというケースが多く、妥協を迫られることがあります。

対して、中古マンションを選択肢に入れると次のようなメリットがあるのです。

メリット1:希望エリアで見つかりやすくなる

中古マンションは広範囲にわたってさまざまな物件があるので、希望している場所で物件を見つけやすくなります。

メリット2:希望の間取りを実現しやすい

新築マンションや建売住宅の場合は、すでに間取りができあがっているのでせっかく希望する立地で見つかったとしても、間取りが気に入らなくて妥協せざるをえないことがあります。

中古マンションの場合は購入価格を安く抑えることができるので、その分を内装リフォーム費用に充てることで、自分たち好みの間取りに変更することができます。

つまり、立地さえ希望通りのところで見つけられれば、間取りについては後から合わせることができるのです。

メリット3:管理組合の管理状況をチェックできる

分譲マンションの維持管理は、所有者全員で組織する管理組合が主体となって運営をしていきます。新築マンションの場合は、マンション管理について過去の実績というものが存在しないため、今後健全な財政状態で運営できるのかは予想できません。

対して中古マンションであれば、購入する時点までの実績を長期修繕計画書や過去の総会議事録などで確認できるので、管理組合の財政状況やマンションの修繕状況を確認した上で購入できます

メリット4:価格が割安

新築物件は物件価格の他に、販売にかかる経費が物件価格に上乗せされているので、購入価格はどうしても割高になります。中古マンションは個人の売主から購入できるので、新築に比べると割安で購入でき、その分リフォーム費用に充てることが可能です。

3.中古マンションを購入する際の注意点

ファミリーのマイホーム購入におすすめの中古マンションですが、メリットだけでなくデメリットについても押さえておくことが大切です。

築年数が15年以上経過しているマンションを購入する場合は、建物自体の経年劣化が進んでいる可能性があるため丁寧にチェックする必要があります。

特に注意すべきは修繕積立金の残高です。

分譲マンションは毎月各戸から修繕積立金を徴収して、組合で積み立てていき将来の大規模修繕工事の原資としています。

ところが、健全な運営ができていないマンションの場合、建物が老朽化しているのに修繕できるだけの積立金がないというケースが多々あるため注意が必要です

修繕積立金残高が1,000万円に満たないマンションは、将来的に各所有者の負担となってのしかかってくるのであまり購入はおすすめできません。

修繕積立金残高や長期修繕計画は、売主に依頼すれば開示してもらうこともできるので、古い中古マンションを狙う際には必ず確認しましょう。

4.まとめ

中古マンションはファミリー層のマイホームとして、非常にメリットが大きいと思います。

割安価格で購入した後に、自分好みでリフォームする形が人気になってきていますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

中古マンション購入で理想の暮らしを実現(独身編)

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中