1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. 【不動産投資の勉強方法】不動産投資を始める前に知っておきたいことと情報収集の方法。
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

9/25(土)【特別合同セミナー】「100年ライフの投資運用法教えます! (マンション投資×賃貸経営×生命保険活用法)」開催決定
不動産の購入

【不動産投資の勉強方法】不動産投資を始める前に知っておきたいことと情報収集の方法。

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

不動産投資は、特に何かの資格が必要なわけでもなく、誰でも始めることのできる投資です。

しかしながら、誰もが不動産投資で成功するわけではありません。

不動産投資を始めるにあたっては、損失を招くリスクを抑えるためにも、不動産投資について十分勉強する必要があります。

そこで、今回は不動産投資を始めようと考えている方向けの不動産投資の勉強方法についてご紹介します。

1.不動産投資を始める前に勉強しておきたいこと

1)不動産投資の知識

不動産投資を始めるためには、不動産投資についての勉強は外せません。

不動産投資の流れ、株式投資やFXなどの他の投資との違い、不動産投資のメリット・デメリットなど、基本的な不動産投資の知識を身に着け、不動産投資とは何なのかについて理解しておく必要があります。

また、キャピタルゲインとインカムゲインの違いなど不動産投資の仕組み、区分マンション投資と一棟マンション投資など不動産投資の種類についても勉強しておかなければなりません。

その他、木造やRC造など建物の構造の違い、物件の管理方法やメンテナンスに関する知識など、不動産についての知識も必要となります。

2)金銭の収支に関する知識・税金に関する知識

不動産投資では、長い期間運用をすることによって利益を得ることがほとんどです。

そのため、運用期間中は金融機関から融資を受けたローンの利息や元本と収益のバランスを見ながら収支計画を立てて、投資を進めなければなりません。

不動産投資で成功するためには、金銭の収支に関する会計の知識は必要不可欠となります。

また、不動産投資を行う際には、確定申告をして収益を報告し、税金を納めなければならないため、事前に税金についても勉強しておくとよいでしょう。

2.不動産投資の勉強方法~情報収集編~

1)ウェブサイト上の情報を活用する

インターネット上には、不動産投資に関するさまざまな情報が掲載されています。

不動産投資に関するウェブサイト上の情報を活用するメリットは、無料で気軽に利用できることです。

不動産会社や不動産投資会社が運営しているサイトやコラムなどを読むと、不動産投資の全体像を把握しやすくなります。

また、不動産投資を行っている人が個人で運営しているサイトやブログもあります。

実際に投資を行っている人の声は、非常に参考になる面もありますが、掲載されている記事の内容が100%正しい情報であるかどうかは保証できない面があります。

ウェブサイトの情報を利用して不動産投資の勉強をする際には、多くのサイトを読んで比較し、正しい情報と誤った情報とを判断できるくらいまでになる必要があります。

2)不動産投資に関する本を使って勉強する

今は、不動産投資に関する多くの書籍が発行されています。

本屋さんに行って実際に本を手に取り、自分が読みたい内容や読みやすい内容の本を選んでも良いでしょう。

オンラインショップでも検索すれば、不動産投資に関する多くの本が表示され、レビューを参考にして自分に合った本を購入することができます。

書籍として出版されている本の多くは、不動産投資に関する情報や必要な知識が理解しやすいように工夫されて、理論的に説明されています。

難しい専門用語を使わずに書かれた初心者向けの本も出版されています。

3)セミナーに参加する

不動産投資の専門家などが講師となる不動産投資に関するセミナーも開催されています。

セミナーは、テーマを絞って開催されることが多く、関心の強い分野についてより深く知識を身に着け、理解することができます

学生時代に教科書だけではわからなかったことも、先生の授業を受けて理解しやすくなった経験はありませんか?

同じように、ウェブサイトや本を読むだけでは理解しきれなかった事柄であっても、言葉で説明を聞くとわかりやすくなることがあります。

また、セミナーでは質問の時間が設けられることがほとんどです。

そのため、セミナー中に理解できなかったことや疑問に感じていたことなどを直接講師に質問することができます

3.不動産投資の勉強方法~実践編~

1)他の投資家たちと交流を持つ

セミナーに参加していた他の投資家やSNSなどを活用して知り合いになった投資家たちと交流を持つと、さまざまな情報を得ることができます。

実際に投資をしている人たちと情報を交換することで、より実践的なノウハウや知識を得ることができます。

また、他の投資家の活動は、刺激にもなるでしょう。

2)現地に足を運んで物件見学をする

不動産ポータルサイトなどに掲載されている物件に気になるものがあれば、積極的に物件見学をしてみましょう。

例えば駅からの距離が徒歩5分の場合でも、お店が立ち並ぶ道路を歩く5分と人通りの少ない裏道を歩く5分では、イメージは全く異なってきます。

また、間取り図では魅力的に感じた部屋も日当たりや周辺環境などを確認すると、違ったイメージを持つこともあります。

実際に歩いて物件を見ることで、物件を見る目を養うことができるだけでなく、周辺エリアを歩いている人などからエリアの特徴をつかむこともできます。

3)不動産会社の話を聞く

不動産投資をする物件を扱う不動産会社に出向けば、気になる物件の詳細な情報を知ることができます

希望の条件について伝えるとともに投資の目的や考え方も合わせて話をしておくと、不動産のプロとして希望エリアにある物件の特徴など、有益となる情報も教えてもらうことができます。

何より、実際に売り出されている物件情報を見て比較検討することで、ターゲットとすべき物件の条件が絞られてくるでしょう

4.まとめ

不動産投資の勉強方法についてご紹介しました。

不動産投資を始める前には、不動産投資についての勉強はもちろん、会計や税金についての勉強も必要です。

インターネットや本などを利用して基礎知識を身に付けたら、積極的にセミナー参加や物件見学を行い、実践的な知識やノウハウを身に着けていきましょう。

今回は、初心者向けの不動産投資の勉強方法についてご紹介しましたが、不動産投資を成功させるためには、初めの勉強だけが必要なわけではありません。

常に最新の情報をキャッチし、勉強を続けていく必要があることを忘れないようにしましょう。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中