1. 賃貸管理
  2. 【2020年最新版】人気設備ランキング発表
上下にスワイプでメニューを閉じる
ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中
賃貸管理

【2020年最新版】人気設備ランキング発表

執筆者:Redia編集部 Redia編集部
はてなブックマークでシェアするボタン
lineでシェアするボタン

10月19日、全国賃貸住宅新聞による毎年恒例の「人気設備ランキング」が発表されました。

これは全46種の人気設備の中から、全国の不動産賃貸会社372社に選んでもらったランキングとなっております。

今回は、本ランキングの中から「この設備がなければ決まらない」ランキングの単身者向け部門についてご紹介したいと思います。

1.上位8位までが不動!もはや必須と言える設備

昨年と変わらず1位から8位まで同じ設備がランクインしました。上位3位までを簡単にご紹介したいと思います。

【1位】室内洗濯機置き場

昨今の洗濯機は多機能でバルコニーに置くと雨風にさらされて故障の原因となりやすいため、室内に置きたいとの声が多いです。

東京23区にあるワンルームの約73%の物件に導入されており、近年では部屋探しの標準設備として必須とも言えます。築年数が古く、竣工時に付いていないお部屋でも入居者の入れ替わりのタイミングで設置工事をされるオーナー様も非常に多いです。

【2位】TVモニター付きインターフォン

玄関ドアを開けずに訪問者の対応が可能です。

モニターを通すことで相手と直接顔を合わせずに済む安心感や、高性能なものには録画機能が備わっており防犯面で人気が高く、オートロックが無い物件でも支持されております。

【3位】インターネット無料

引っ越し後、手続き不要ですぐに利用可能な点と、家賃と別に月々の支払いが不要な点が人気のポイントです。

最近はWi-Fi仕様のものが増えてきており、テレワークの普及と共に今後ますます需要が高まる設備かと思われます。

上記以外にもランクインしている設備に共通する点としては、「快適性」や「防犯面」を重要視する傾向にあり、特に生活に便利な設備が購入不要で入居後すぐに使える点を借り手側は求めているかと思われます。

2.新しい生活様式も影響か!?ランクアップした設備

続いて前年からランクアップした設備をご紹介いたします。

【2ランクUP】ガスコンロ(二・三口)&システムキッチン

ガスコンロ(二口・三口)とシステムキッチンが揃って前年から2ランクアップとなりました。

どちらも、コロナウイルスの影響により自宅で過ごす時間が増えた事で、自炊する機会の少なかった単身者のライフスタイルを大きく変化させたのが要因と思われます。

ガスコンロ単体の設置よりシステムキッチンの方が使い勝手や見栄えが良いのもポイントです。

【3ランクUP】防犯カメラ

上位にランクインしたモニターフォン、オートロックと並びニーズが増えている防犯カメラ。

入居者側の防犯意識が高まっているのも人気上昇の理由ですが、ゴミ出しや共用部のマナーチェック等を目的に導入を進めたい家主側の事情も普及が進んでいる理由として挙げられます。

【6ランクUP】浴室換気乾燥機

今回、最も順位を上げた設備は浴室換気乾燥機です。

  • 室外干しは防犯面で不安
  • 室内干しは時間が掛かり衣服が生乾きになりやすい

浴室乾燥機はこうしたデメリットを克服する防犯性と快適性を兼ね備えている事が急上昇の要因と思われます。

実際、部屋探しポータルサイトからの問い合わせでは、女性ユーザーから浴室換気乾燥機設置の有無を聞かれる頻度が高まっているとの事です。

3.まとめ

今回ご紹介したランキングで注目したいポイントは、投票しているのが賃貸会社という点です。

すなわち、上位にランクインしている設備ほど「この設備が無いと客付けが厳しい」と感じている仲介会社が多いとも捉えられます。

しかし、いくら人気設備が充実していたとしても、それらの設備導入費用が全て家賃に転嫁されていては相場より高くなり過ぎて借り手は付き難くなります。

費用対効果の高い設備投資を行う為には、物件ごとに想定されるターゲット層をしっかりと把握して、ニーズに合った設備を効率よく選ぶ事が重要となるでしょう。

dummy