1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. 【30代からの不動産投資】30代から不動産投資を始めるべき理由
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
不動産の購入

【30代からの不動産投資】30代から不動産投資を始めるべき理由

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

老後資金に対する不安もあり、若いうちからの資産形成が注目されています。

不動産投資も資産形成の一つです。30代の方で興味を持っている方も多いと思います。

今回は、30代から不動産投資を始めるメリットと注意したいポイントについて解説します。

1.30代で不動産投資を始めた方が良い理由

1)融資が受けやすく借入金額も増やせる

不動産投資を始める場合、多くの人が不動産投資ローンを組みます。

30代になると勤続年数も長くなり、20代の頃よりも年収も増えている場合が多く、不動産投資ローンを組む際により多く借入ができるようになるため、物件の選択肢も広がります。

より多く借入ができれば、複数の物件を同時に所有することも可能となるでしょう

2)ローンの返済がしやすく定年までに完済できる

不動産投資ローンで、月々の返済額を抑えるためには、借入期間を長く設定することが一般的です。30代では借入期間を長く設定できるため、月々の返済額を抑えることができ、無理のない金額を設定できます

30代前半であれば、金融機関が定めた完済年齢に達するまでには余裕があります。

例えば、30歳で30年のローンを組めば60歳頃には完済できることになります。定年退職のころにはローン返済が終わっているので、家賃収入をそのまま老後資金に充てることができるので安心です。

3)本業が忙しくても両立できる

会社員の場合、30代は仕事量が多く忙しい年代でもあります。株式投資やFXなどの動向をチェックしている時間を取りにくいかもしれません。

その点、不動産投資は賃貸管理会社へ管理を委託することで、時間や手間をかけずに家賃収入を得ることができます。

もちろん、管理手数料はかかりますが、入居時の賃貸契約、家賃回収、入居者が退去した際のメンテナンスや、新たな入居者の募集など管理全般を管理会社に任せることができるので、本業と両立して賃貸経営が可能となります。そのため、不動産投資家には「サラリーマン大家」がたくさんいるのです。

4)長期運用で資産を増やせる

不動産投資は長期にわたる投資です。ある程度まとまった資金が準備できる40代や、定年退職後に退職金で不動産投資を始めるよりも、30代から不動産投資ローンを組んで長期で運用した方がレバレッジを効かせることができます。

無理のない資産形成を考えるのであれば、30代までに不動産投資を始めて長期運用するのがいいでしょう。

30代から不動産投資を始め、少しずつ資産を増やしていくことができれば、さらに大きな物件にチャレンジできる可能性も高くなります。

2.30代で不動産投資を始める注意点

1)住宅ローンと不動産投資ローンの二重払いの可能性がある

30代はマイホームの購入を検討する時期でもあります。住宅ローンを借りた上で、さらに不動産投資ローンを借りると二重ローンの状態になります。

不動産投資ローンの返済は、得られる家賃収入から支払うことになります。言うならば、自分の代わりに入居者がローンの返済をしてくれているようなイメージです

しかし、空室が続いたり家賃の滞納があると、一時的に不動産投資ローンの返済に家賃収入を充てられなくなります。そのような場合は、本業の給与や預貯金から負担しなければなりません。

生活に影響がでないよう、返済プランに無理のないような借入金額を設定し、不動産投資用の資金はプールしておくことと、空室リスクの少ない物件選びが大切です

2)ライフステージの変化に注意して不動産投資を始める

昨今では、晩婚化や未婚率の増加が見られますが、一般的には30代は結婚して家族を持ったり、マイホームの購入をしたり、子供の教育費の負担が増えるなど、ライフステージが大きく変化するタイミングです。

不動産投資は、安定した家賃収入が期待できる一方で、空室が続いた場合は収入が減少し、ローン返済の負担が大きくなるリスクもあります。ライフステージの変化も考慮したうえで、投資プランや資金プランを立てることが大切です。

3.30代で始める不動産投資の物件選び

30代は収入の面で資金的に余裕がでてくることが多いですが、ライフステージの変化も考慮して、リスクの少ない物件選びが大切です。

具体的には以下のようなポイントが挙げられます。

  • 中古のワンルームマンション
  • 人口の多いエリア(東京などの都心部)
  • 駅が近い(徒歩10分以内)

不動産投資において最大のリスクは空室リスクです。賃貸需要のあるエリアや物件を選び、初めは比較的価格を抑えられる中古ワンルームマンションから始めるのがいいでしょう。

東京のマンションの賃料の相場は2008年のリーマンショックなどの不況下においても安定していました

不動産投資は、毎月安定した家賃収入を得ることができ、ほかの投資に比べると将来の予測が立てやすいというメリットがあります。

貯蓄以外での資産運用を考えるのならば不動産投資は有力候補となるでしょう。

4.まとめ:不動産投資を始めるなら早い方がいい

30代は融資を受けやすく、ローンの返済も無理なく行うことができます。

長期運用を考えるなら不動産投資は、まだ若い30代までに始めた方がいいでしょう。

不動産投資にはさまざまなメリットやデメリットがありますが、若いうちから不動産投資を始めた方が、運用のノウハウも蓄積され、さまざまなリスクを回避できます。

30代で不動産投資を検討されている方は、今が始めるチャンスかもしれません。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中