1. コラム
  2. 実は増えている?オシドリ夫婦に不動産投資がおすすめのわけとは?
上下にスワイプでメニューを閉じる
コラム

実は増えている?オシドリ夫婦に不動産投資がおすすめのわけとは?

執筆者:棚田 健大郎 棚田 健大郎

不動産投資というと最近ではサラリーマンにも人気がありますが、夫1人で不動産投資をするよりも、妻と一緒になって協力して不動産投資をすることでより成功が近づくことをご存知でしょうか。

実は不動産投資は、いわゆるオシドリ夫婦と相性がよく、夫婦で不動産投資に興味を持つことはとても大切です。

そこで本記事では、夫婦一緒に不動産投資をすることのメリットについて詳しく解説したいと思います。

1.オシドリ夫婦と不動産投資の相性がよいわけとは

最近の不動産投資セミナーをのぞいてみると、独身会社員やシニア投資家に混じって夫婦で参加している方をよく見かけます。

結婚していても夫のみがセミナーに参加するケースは昔からよくありましたが、夫婦で一緒に不動産投資をした方が様々なことが上手くいくのです。

夫婦のバランスで絶妙な投資判断ができる

不動産投資に対する考え方は夫と妻で違うことが多く、夫は不動産投資に積極的でとにかく物件を買いたいと思っているのに対し、妻は非常に慎重でキャッシュフローや安定性を重視する傾向が見られます。

つまり、夫が1人で不動産投資をすると焦って判断を誤るリスクがあり、妻が1人で不動産投資をすると慎重になりすぎてなかなか決断できなくなるリスクがあるのです。

どちらか一方ではなく、夫婦一緒に協力し合って不動産投資をすることで、投資に対するアクセルとブレーキが上手くかみ合うので非常に相性がよいのです。

2.夫婦の助け合いがもたらす効果

不動産を購入した後の賃貸経営については、大部分を管理会社に委託できるため、会社員が不動産投資をしても本業に大きな支障はありません。

ですが、実務については委託できても諸修繕の対応や空室発生時の打ち合わせなど、何らかの判断が必要となる場面では管理会社と連絡を密に取り合う必要性が出てきます。

会社員が1人で不動産投資をしていると、平日の昼間はなかなか電話に出ることができないため、管理会社との連携がとりにくく結果として対応が遅れたり、管理会社に丸投げ状態になったりしてしまいがちです。

一方で、夫婦一緒に不動産投資をしていれば、主婦である妻に管理会社との窓口役をお願いできるので、連携体制に支障がありません。

諸修繕についても、管理会社任せになってしまうと施工費用が割高になることもありますが、平日時間がとれる妻が窓口となって相見積もりをとることで、経費を削減できるチャンスもあるのです。

またリフォームなどについても、女性の方がセンスがあるケースが多いため、妻からアドバイスをもらうことで適切な空室対策になります。

3.不動産投資は子育てとも相性がいい

夫婦で不動産投資をすることで主婦にとっても大きなメリットがあります。

最近では共働きをする世帯が増えており、結婚したての頃はそれでも大丈夫なのですが子供が生まれると状況が一変するのです。

待機児童が問題となっている昨今、子供を保育園等に預けて共働きを続けることは決して簡単ではありません。かといって収入面を考えると働かざるをえないという方もいて、解決が難しい問題となっています。

そこでおすすめしたいのが不動産投資です。

夫婦で結婚直後から不動産投資を始めれば、子供が生まれてくるまでに一定の家賃収入を確保することができるでしょう。そうすれば、夫婦の一方が子育てで会社を休職、退職しても家賃収入があるおかげでパートなど働きに出る必要がありません。

子供を保育園に預ける必要もなく、管理会社と電話でやり取りをする程度なので子育てに支障はなく、子供の成長を間近で見守ることができるでしょう。

 

4.夫婦で不動産投資を始めるための秘訣は?

このように、夫婦が一緒に不動産投資をすることには非常に大きなメリットがあるわけですが、現実問題として相手がなかなか不動産投資に興味を示してくれないというケースがあります。

夫婦の場合、特に女性の方が慎重になる傾向があるため、夫が不動産投資に興味があってもなかなか妻が賛成してくれない場合があるようです。

2人でライフプランを考えることが重要

将来の年金不安が囁かれている昨今では、投資によっていかにお金を有効に運用していくかがとても重要な時代になってきています。

国も国民に貯蓄一辺倒ではなく、金融リテラシーを高めて投資運用するよう促したいからこそ、老後資金が2000万円不足する可能性があるとの報告を金融庁が発表したのです。

目先のキャッシュだけを考えるのではなく、子供が生まれた時、進学する時、仕事を退職する時など長期的な目線でライフプランを共に考える時間を持つことで、投資の重要性がお互いに認識できるはずです。

妻が少しでも興味を示してくれたら、あとは一緒に不動産投資セミナーに通ってみることで自ずと道は開けてくるでしょう。

5.まとめ 結婚を機にワンルーム投資を始めてみては?

結婚をすると将来のために貯蓄をしたいと思う人もいるかもしれませんが、むしろ将来のことを考えるならば、貯蓄してお金を遊ばせてしまうよりも、早くから不動産投資を始めることで、将来の子育てに対しても大きくプラスになります。

夫婦が協力して不動産投資をすることで、成功は大きく近づくでしょう。

dummy