1. コラム
  2. 不動産コンサルティングマスターとは何か?
上下にスワイプでメニューを閉じる
コラム

不動産コンサルティングマスターとは何か?

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

不動産会社の担当者の中には、不動産コンサルティングマスターという資格を持っている不動産コンサルタントがいます。

不動産業界にあまり馴染みがない場合には特にこの資格についてあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では不動産コンサルティングマスターについて、その概要や資格を保有する不動産コンサルタントの選び方、さらにコンサルティングを依頼する際の注意点を解説していきます。

1.不動産コンサルティングマスターとは何か?

まずは不動産コンサルティングマスターという資格の概要とその役割や業務について説明していきます。

不動産コンサルティングマスターの資格概要

不動産コンサルティングマスターとは国土交通大臣の登録を受けている公益財団法人不動産流通推進センターによって登録・証明されている資格のことです。不動産コンサルティング技能試験という筆記試験に合格し、以下に挙げるいずれかの登録要件を満たしてはじめて不動産コンサルティングマスターと名乗ることができます。

  • 宅地建物取引士の資格登録者で、不動産に関する業務の実務経験が5年以上
  • 一級建築士の資格登録者で、建築設計業・工事管理業等の実務経験が5年以上
  • 不動産鑑定士の資格登録者で、不動産鑑定業の実務経験が5年以上

この資格は、税理士や宅建士のような国家資格ではありません。しかし、登録を受けるのに「宅地建物取引士」「不動産鑑定士」「一級建築士」のいずれかの資格登録と関連する5年以上の実務経験が課されていることからわかるように非常に高い専門性と経験が求められています。

技能試験では不動産コンサルティングの実務知識が問われる「実務」や不動産コンサルティング業務全般に関する「事業」などの他、金融、経済、税制、建築、法律と広範囲にわたり出題され、幅広い知識が必要になります。つまり、この資格を保有している不動産コンサルタントはその時点で既に相当の実務経験と知識が備わっていることの証明にもなっているのです。

※出典:公益財団法人 不動産流通推進センター認定資格
https://www.retpc.jp/qualification/consultingmaster/

不動産コンサルティングマスターを保有するコンサルタントの役割や業務内容とは?

不動産コンサルティングマスターを保有する不動産コンサルタントには物件の売買などの不動産仲介だけでなく、物件の有効活用方法や相続など不動産全般に関して幅広く相談が出来ます。不動産コンサルティングマスターに相談する場合ですが、不動産会社やコンサルティング専門会社に所属している場合の他、個人開業している不動産コンサルタントもいます。

尚、不動産会社の担当者や個人開業者の中には、自らを「不動産コンサルタント」と名乗る人がいます。資格が無いのに「公認不動産コンサルティングマスター」と名乗ることはできませんが(名称独占資格)、不動産コンサルタントと名乗る場合には特に何か特別な資格が無くても可能です。また、不動産コンサルティングマスターという資格には重要事項説明や重要事項説明書・契約書への記名・押印といった宅建士だけに認められているような独占業務はありません

名称独占資格

資格取得者以外のものにその資格の呼称およびそれに類似したり紛らわしい呼称の利用が禁止される資格

独占業務

資格を有する者のみが行うことができる業務

2.不動産コンサルティングマスターを保有する良い不動産コンサルタントの選び方

不動産コンサルタントを選ぶポイントについて簡単にご紹介していきます。

資格の有無を確認する

不動産コンサルタントの中には今回ご紹介した不動産コンサルティングマスターを持っている場合とそうでない場合があります。既にご紹介したように特に資格が無くても不動産コンサルタントと名乗ること自体は違法ではありません。しかし、不動産関連の相談をするために不動産コンサルタントを選ぶ場合、不動産コンサルティングマスターの資格の有無は一つの目安になります。この資格を保有しているということは不動産業界においてそれなりの実績や知識を備えていることの裏付けになるからです。

顧客本位の説明責任を果たしているか

収益物件を購入して不動産投資をおこなう場合、個々の物件にはメリットもあればデメリットもあります。そのため顧客の立場に立ち、そういった点についても包み隠さずにできるだけ公平かつ客観的にアドバイスしてくれる不動産コンサルタントを見つけることがとても重要になってきます。早く実績を作りたいがためにメリットばかりしか話さず、契約を急がせるような不動産コンサルタントは避けた方がいいでしょう。

3.不動産コンサルタントに依頼する際の注意点

不動産コンサルティングマスターを保有している不動産コンサルタントは実績や知識などの面で他の不動産コンサルタントよりは安心です。しかし、資格を保有しているから全て安心と決めつけず、相談する場合や依頼する場合には注意すべき点もあります。

自ら不動産投資の知識を身につけて不動産コンサルタントの言いなりにならないこと

不動産コンサルティングマスターの資格を有する不動産コンサルタントは不動産知識だけでなく、不動産市場や法律、税制、金融といった知識もそれなりのレベルで持っている人が多いです。だからといって物件購入の判断を一方的に不動産コンサルタントに委ねたり、言いなりになることには大きなリスクが伴います。

そのようにならないためにも日頃から不動産投資に関する知識を身につけるように努力し、自分なりの基準で判断できるようになることも大切です。また、そのような知識を身につけないと良い不動産コンサルタントかどうかの見極めも難しくなります。

依頼者のメリットよりも自分の利益を優先する不動産コンサルタントの存在

不動産コンサルタントの中には、相談に応じながらも最終的に物件を購入させたい不動産会社から紹介料などを受け取っている人がいます。特に収益物件としてはそれほど魅力がない物件にもかかわらず、キックバック欲しさに契約を結ばせようとする人もいますので注意が必要です。

キックバック

謝礼名目で授受される金銭のこと

4.まとめ

不動産の相談に乗ってもらう際には不動産コンサルティングマスターのような資格を保有している不動産コンサルタントの方が安心です。しかし、資格はあくまで資格であって、そのような資格が無くても優秀な不動産コンサルタントも存在します。そして、不動産コンサルタントのアドバイス通りにするかの最終的な判断は自分自身で行わなければなりません。そのためにも日頃から不動産投資などの知識を高めていくことが大切になってきます。

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中