1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. フリーランスこそ不動産投資がおすすめ?個人事業主におすすめの投資手法とは
上下にスワイプでメニューを閉じる
不動産の購入

フリーランスこそ不動産投資がおすすめ?個人事業主におすすめの投資手法とは

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

フリーランスで働く人は、会社員のように退職金や厚生年金がなく、怪我や病気で仕事ができなくなってしまった場合の保障制度もありません。

そのため、フリーランスで働く人こそ、本業とは別の収入を確保するために不動産投資を始めた方が良いという話を聞いたことはありませんか?

しかし、全ての不動産投資がフリーランスの方に向いているわけではなく、フリーランスの方が不動産投資を始める際には自分に合った投資のスタイルを見極める必要があります。

そこで今回はフリーランスの方が不動産投資を始める場合のリスクとおすすめの投資手法をご紹介します。

不動産投資で失敗しない為の王道ノウハウとは
今すぐ無料ダウンロード

1.フリーランスに不動産投資がおすすめとは必ずしもいえない。

フリーランスの方に不動産投資がおすすめであるとは言い切れない背景には、次のような理由があります。

1)フリーランスが使える金融機関が少なく、不動産投資を始めるハードルが高い

サラリーマンは会社に所属している限り、毎月の給与を受け取れます。

一方、多くのフリーランスの方は、毎月の収入額は前後することが多く、金融機関からは収入が安定していない職業であると捉えられてしまいます。

その為、有利な条件を比較しながら、融資を受けて不動産投資を始められるサラリーマンに対して、フリーランスの場合は使える金融機関が少なく、まずは物件を持ち込んで金融機関を探す”銀行開拓”を自ら行う必要があります。

労働集約型や、クライアントと業務委託で仕事をしているフリーランスにはとっては、金融機関を開拓するハードルの高さゆえに、不動産投資をあきらめてしまう方も少なくありません。

不動産投資を始めたいフリーランスの方は、金融機関の開拓に強い不動産投資会社と手を組むことが重要でしょう。

2)自己資金を大きく使うと本業に支障が出る

不動産投資ローンを利用できないのであれば、自己資金を多めに投入すれば良いのではと考えるかもしれません。

しかし、フリーランスであるからこそ、今後の事業展開に備えてある程度の手元資金は残しておかなければ本業に支障が出てくる可能性もあります。

フリーランスの不動産投資の場合は、本業と不動産投資にかける資金のバランス調整も1つの課題となります。

3)物件探しに時間を使いすぎてしまい、本業に支障が出る。

不動産投資を始めるからには失敗したくないものです。

そのためには収益を上げられる物件を見極めることが重要であり、上記の金融機関開拓と合わせて、不動産業者を訪問したり、現地を訪れたりといった時間が必要になります。

サラリーマンであれば休日が定まっているために情報収集の時間も取りやすいですが、フリーランスの場合は物件探しに時間をかけすぎてしまうと、本業に支障をきたしてしまう可能性が出てきます。

2.フリーランスが不動産投資で収入源を作るのであれば、「REIT」がおすすめ

フリーランスの方が不動産投資を始めるにあたってのリスクをご紹介してきましたが、フリーランスの方のこのような悩みを解決する投資手段があります。

それが不動産投資信託の「REIT」です。

1)REITとは

REIT(リート)は、不動産投資信託を意味する「Real Estate Investment Trust」の頭文字を取ったものです。

一般的な不動産投資は、投資家が自分で物件を購入して物件の管理や賃貸経営を行い、賃料収入を得る投資法です。

一方、REITでは不動産投資法人が投資家から資金の提供を受けてマンションやオフィスビルなどを購入し、運用をしていきます。

投資家が直接的に物件を所有することはありませんが、不動産の運用で得られる賃料収入や売却益を投資法人から分配金として受け取ることができます。

2)フリーランスにREITがおすすめの理由

REITでは、投資法人が複数の投資家から資金を集めて物件を購入するため、不動産投資のように多額の資金を準備する必要がありません。

比較的少額から始められる投資法であるため、金融機関から融資を受けにくいフリーランスの方でも取り組みやすいでしょう。

また、不動産投資では入居者の募集や物件のメンテナンス、設備故障時の対応等、賃貸経営に関わる業務が必要ですが、REITでは物件の所有者は投資法人であるため、これらの業務は一切不要となります。したがって賃貸管理業務が本業に支障を与えることもありません。

加えて、REITは取引所に上場しているため株式投資同様に売買が可能です。必要に応じてすぐに現金化できる点もフリーランスの方にとっては安心材料の1つではないでしょうか。

3.自己資金を大幅に使わず、レバレッチをかけるならワンルーム投資もフリーランスにはおすすめ!

不動産投資の中でも、ワンルーム投資は比較的物件の価格も安いため、多額の自己資金を準備しなくても始めやすい投資です。

好立地にあり、単身世帯の賃貸ニーズが高いエリアに建つワンルーム物件であれば、収益を上げられる見込みも高いと判断されるため、金融機関からの融資も受けやすい傾向にあります(ただし融資条件はサラリーマンに劣ることが多い)。

また、ワンルームマンションは平米数が狭く、設置されている設備も簡易的なものが多いため、リフォームや設備交換等の維持費用や管理の手間もそれほどかかりません。

ワンルーム投資も本業に支障をきたす可能性は少なく、フリーランスの方にもおすすめの投資です。

まとめ

フリーランスは、どこにも所属しない自由さが魅力のスタイルです。

しかし、自由である一方で、会社の社会保険制度等には加入できないため、将来的な資金の確保や万が一のリスクヘッジを目的として投資を考える方も多いでしょう。

フリーランスの方には、小額からスタートでき、必要に応じて自由に現金化できるREITがおすすめです。

また、不動産投資であれば、手間がかからず自己資金を少額に抑えられるワンルーム投資もおすすめの投資法です。

仕入れ専門会社による未公開の不動産投資ノウハウをLINEで受け取りませんか?

ネットで検索しているけど、どれも似たような不動産投資の情報ばかりで、結局「何から始めればいいの?」と悩んでいませんか?

もし

  • ・圧倒的好条件の金融機関を探す方法。
  • ・ネットでは語れない不動産セミナーでのご招待券(不定期)
  • ・不動産業者が欲しがる未公開物件とは

の1つでも興味がありましたら、お気軽にLINE講座にご参加ください。

dummy

LINE講座に参加する前に資料が欲しい方は以下無料e-bookをダウンロード

dummy
今すぐ無料ダウンロード