1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. 親子リレーローンって何?
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
不動産の購入

親子リレーローンって何?

執筆者:棚田 健大郎 棚田 健大郎

高齢の親夫婦とその子供夫婦が同居する二世帯住宅という形がありますが、自宅改築等のためにローンを組むことを検討している人も多いでしょう。

そこで着目したいのが、親子が揃って1つの住宅ローンを組み、その返済を親から子へと引き継ぐ「親子リレーローン」で、住宅ローンで借り入れる額は非常に高額なため、親子リレー方式を利用する人は少なくありません。

そこで今回は、親子リレーローンの詳細や注意点等について説明していきます。

1.親子リレーローン

親子リレーローンは、新築・改築・住み替え等いろいろな機会に利用することができるため非常に便利な制度です。親と成人以降の子が一緒に親子リレーローンを活用し、最初は親が返済していき、次に子が返済義務を受け継いでいく形を採ります。

1)親子リレーローンの特徴と利用のメリット

親子リレーローンは、親が高齢者でローンの借入が難しい場合や将来的に同居を検討している場合等に、そのメリットが発揮できます。親も子も住宅ローン利用に賛成していれば、連名で資金を借り入れることができるからです。

一般的にローン利用は「満80歳までに完済すること」という考え方がベースになっています。しかし、親より若い子と親子リレーローンを活用することによって、親が80歳を超えたら返済を子が受け継ぐことが可能になるのです。

親子がペアになることで高額な資金を借り入れることが可能となり、返済期間にも猶予が生まれます

2)親子リレーローンの要件

親子リレーローンの利用に関しては、以下に当てはまることが条件となります。

  • 現在同居しているか将来的に同居予定である親子
  • 借入時点で親が70歳未満、子の返済完了が80歳前である
  • 親子とも安定した収入源を持っている
  • 子が団体信用生命保険に加入している

特に、団体信用生命保険は、返済義務を追う者が死亡したり重度後遺障害に至ったりした場合、残債を補填してくれるものになるため、最終的な返済者となる「」が加入することになっています。なお、リレーローンの利用条件において、親子が別居している場合は該当しません。

3)親子リレーローンの審査基準

親子リレーローンに限らず、住宅ローン商品の審査基準は明らかにされないことがほとんどです。ただし、親子リレーローンでは親子の同居が必要条件になり、また最終返済者である子の返済能力が重要視されるといわれています

したがって、子が債務を複数抱えていたりその金額が大きかったりする場合、審査に通らない可能性も出てくるのです。このことも想定しながら、親子でリレーローンについてよく相談しておくことが大切になってきます。

4)住宅ローンの控除を受けることができる

住宅ローンは金額が大きくなるため、その金利分を軽減する策として住宅ローン控除が設けられました。仮に、住宅の持分を親子で半分ずつにした場合、以下のいずれかを満たせば、金額が少ない方の1%を所得税から計10年に渡り控除できることになります。

  1. 親あるいは子の年末時点での返済残高に対して2分の1をかけて算出した金額
  2. 住宅及び居住に関わる費用(設備や塀等)の合計額

5)フラット35と親子リレーローン

フラット35は様々ある住宅ローンの1つで、住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している、長期固定金利型の商品となります。

契約時の金利が返済終了まで変わらず続き、毎月の返済額を管理しやすく、金利変動に左右されない、非常に使い勝手の良い住宅ローン商品です。

2.親が返済の最中に亡くなってしまった場合

親子リレーローンでは、親が亡くなったら子が返済を引き継ぐことになります

子がしっかりと返済義務を果たしていけば、親の死亡は住宅ローンに影響しませんが、子の毎月の支出額は一気に増えてしまうため、親子とも万が一の時の心構えを持っておくことが大切です。

また、子に万が一のことがあった場合は、子が予め加入していた団体信用生命保険により残債務相当の保険金が支払われることになります。

3.まとめ

結婚時、子の出生時、老親との同居時等、どの時点で家が必要になり住宅ローンを使うタイミングがやってくるかは人それぞれです。

若い時に家を購入していれば長期間のローンを組むことも可能ですが、ある程度年齢が進んでからでは、審査が難しい場合も多々あります。親子リレーローンを活用すれば、目標額を借りやすくなる可能性がありますので覚えておきましょう。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy