1. コラム
  2. マンション管理組合の理事会役員になったら、どんなことをするの?
上下にスワイプでメニューを閉じる
不動産投資オンラインセミナー 33年間不動産を扱ってきた私のノウハウを全て伝えたい。ランドネット代表取締役 榮 章博
コラム

マンション管理組合の理事会役員になったら、どんなことをするの?

執筆者:Redia編集部 Redia編集部
はてなブックマークでシェアするボタン
lineでシェアするボタン

分譲マンションを購入すると、マンション管理組合に入会することとなり、マンションの入居者は遅かれ早かれ管理組合の理事会役員になる可能性があります。

マンションの理事会役員になると、どのような仕事をするのでしょうか。

マンション管理組合の理事会役員の主な役職と役割についてご紹介します。

1.マンション理事会とマンション管理組合の関係

マンション理事会とは

分譲マンションの維持・管理は、そのマンションに住む人が自ら行うことが法律で定められています。

そのため、マンションの所有者はマンションの管理組合を結成してマンションの管理を行います。

マンション理事会とは、マンション管理組合の構成員から選出された代表者(理事会役員)で結成される組織で、マンションの維持・管理にかかわる業務を取り仕切る機関です。

マンション理事会役員の選出方法

一般的には、マンション理事会の役員は立候補や推薦で決定する方法の他、一定の周期で順番に理事の役目が回ってくる輪番制を採用しているところが多いようです。

したがって、分譲マンションに居住している人は、いずれは理事会役員として業務を行う機会が出てきます

理事会役員は、年に一度行われるマンション管理組合の総会で選出、任命されます。

2.マンション理事会役員の主な役職と役割

理事会役員の役職と仕事

理事長

理事長は、理事会の代表者であり、管理組合の代表者となります。

管理組合・理事会の業務を統括し、マンションの規約や総会などで決議された事項を遂行することが求められます。

副理事長

理事長を補佐し、理事長が不在の時などには理事長代行として理事長の職務を執行します。

理事

理事会の構成員であり、管理組合の業務を担当します。

管理費等の収納、保管、運用、支出などを担当する会計担当理事や防災面を担当する防災担当理事など、理事の担当を分けている管理組合もあります

監事

監事は、厳密には理事会役員ではありませんが、理事会役員の役職の一つとみなしている管理組合もあります。

管理組合の監査を担当し、組合の業務執行の状況や財産状況を監査し、総会にてその結果を報告します。

万が一、組合に不正が認められた時には臨時総会を招集する権限があります

理事会の主な仕事

定例理事会の参加

理事会役員は、月に一度ほどのペースで開催される理事会に参加します

理事会では、管理費や修繕積立金の納入状況の確認、管理を管理会社に委託している場合は管理会社からの報告書の確認マンション内で起こった問題点の話し合いなどを行います。

マンション管理にかかわる業務

収支予算案事業計画案などを作成します。

管理会社に委託している場合は、管理会社が作成したこれらの案を検討、承認します。

また、大規模修繕計画案の作成、変更、管理規約使用細則などの制定、変更、廃止にかかわる案の作成も理事会の仕事です。

その他、ルール違反者への注意、管理費等の滞納者への対応も理事会の仕事です

総会の開催

年に一度、すべての管理組合員が参加する総会を開きます。

総会では、一年間の管理費や修繕積立金の会計報告を行い、来期の事業計画や収支予算案などの承認を求めます

そのほか、管理規約の変更や管理費・修繕積立金の変更など、大きな影響を及ぼす事項についての決議も行います。

また、来期の理事会役員の選出と任命も総会で行います

3.みんなが暮らしやすい環境を整えるために

理事会の活動がマンション住民の住みやすさに直結

マンションの理事会役員は、実際にマンションに住む人から選出されます

その理事会役員で構成されたマンション理事会は、マンションの維持・管理を行う、マンション住民によるマンションとマンション住民のための組織です。

マンションに住む人たちが気持ちよく暮らすためには、一定のルールを定め、ルールに従いながら暮らしやすい環境を保っていかなければなりません。

共有部が清潔に保たれ、設備の故障やトラブルもすぐに対処され、適切な時期に適切な修繕が行われる等、管理の行き届いたマンションは、住民の暮らしやすい環境を維持しているだけでなく、マンションの建物としての価値も維持していることとなります。

理事会役員に選ばれたら…

ほとんどのケースにおいて、理事会役員は輪番制で任期が訪れます。

理事会役員の仕事は、月に一度の定例会への出席など、決して楽なものではありません。

しかしながら、理事会ではマンションをより良くするための考えを発言する機会が増え、自分の手で自分の住むマンションをより良くできるチャンスでもあります

また、管理費や積立修繕金などの収支状況やマンションの抱える問題点などを知る良い機会でもあります。

理事会役員の任期が永遠と続くわけではありません。

理事会役員として選ばれた以上は、より安心で快適な暮らしが送れるように前向きに取り組んでいきたいものです。

4.まとめ

マンション管理組合の理事会の概要と理事会役員の役割や仕事の内容をご紹介しました。

マンションは、マンションに住む人たちが自ら管理、維持を行っていくものです。

マンションの理事会役員の仕事は、大変なこともありますが、マンションに住む人誰もがいつかはその役割を果たすこととなります。

理事会役員に選ばれた際には、マンションに住む一人であることの自覚を忘れずに、皆がこのマンションに住んで良かったと思えるような環境づくりを目指して、主体的に理事会活動に取り組むことが大切なのではないでしょうか。

dummy