ランドネット

池袋から、世界を変える。

上下にスワイプでメニューを閉じる
ランドネット採用公式Instagram:先輩たちのインタビューで本音を知る。月曜日と木曜日にリール投稿中です!
MEMBER

【部署紹介】人事採用チームの役割や業務内容・やりがいを紹介【人事部】

Introduction

こんにちは!中途採用担当の小久保です。
本記事では、人事部人事課採用チームを紹介します!

記事を読むことで次のことが分かります。
・採用チームの人員構成や業務内容
・人事採用職のやりがいや大変なこと
・採用チームの「求める人物像」 など

人事採用職にご興味ある方必見!ぜひ最後までご一読ください!

人事課採用チームの人員構成や業務内容


私たち人事課採用チームの役割は、年間の人員計画に沿って自社に合う人材を採用することです。

それだけでなく、定期的に面談を実施して入社後のフォローも担当

他にも、入社後に社内研修を実施し、会社のあらゆる規則について説明します。

 

この役割をチーム5人で分担しています。

内訳は、本社の新卒・中途担当がそれぞれ2名。

エンジニア担当が1名です。

 

業務内容は、大まかに言うと次の通りです。

人事採用の業務内容

・候補者像(ペルソナ)の設定

・各部署との打合せ(候補者像のすり合わせや求人広告の内容の相談など)

・各求人広告の作成、見直し

・エージェント対応

・面接日程の調整

・面接対応

・候補者のフォロー

面接が1日に7件入ることもあるので、日中はほぼ面接対応に追われています(笑)。

隙間時間に求人広告の作成やエージェントなどの対応も。

他にも、候補者の方への追客や会社説明会の実施、新規エージェントの開拓など…業務は多岐に渡ります。

人事採用職のやりがい


候補者が当社に入って自己実現していく姿を見ると「この仕事をやっていてよかったな」と心から思います。

例えば、採用で携わった社員が、入社数カ月後に「ランドネットに入社してよかった!」と言ってくれた時や、営業社員が数字を上げたり、昇進の報告をくれた時はとても嬉しかったです。

 

人に成長のきっかけをつくるのが、私たち人事採用の仕事だと思っています。

 

これだけに留まりません。会社全体を活気づける役割もあると思っています。

新しい人を入れることで、社内に「新人に負けてたまるかー!」という競争意識が芽生え、既存社員のモチベーションを高めることにもつながるからです。

 

一社員にも会社にも良い影響を与える点が、この仕事のやりがいです。

一言メモ

成長のきっかけをつくるのが、人事採用の仕事!

人事採用担当の大変なところ


もちろん、嬉しいことばかりではありません。

「一緒に働きたい!」と思った候補者の方が、内定を辞退された時はとてもつらいです。

 

過去に、内定後にご家庭の事情で辞退された方がいました。

私は、その方が入社するのを楽しみにしていたのでショックも大きかったです。

自分では何もできないもどかしさに、哀しさや悔しさを感じましたね。

 

理由はさておき、『内定後に辞退される』事は残念ですが、実は珍しい話ではありません。

悔しい気持ちで一杯になりますが、大事なのはその経験から何か学べる事はないかと振り返ることだと思っています。

 

「他社にはない魅力付けはできていただろうか?」

「もっと違ったアプローチができたのではないだろうか?」

 

人事経験4年目でもヘコむことはありますが、必ずそこから何かを得て次の糧にするよう心がけています。

一言メモ

人事4年目でもヘコむことはある。でも振り返りが次の糧になる

こんな人募集中!


経験・未経験は問いません。

素直で、自発的な人なら活躍できると思います!

 

与えられた仕事は、スポンジのように吸収してこなす。

でも、与えられた仕事をこなすだけではなく、自分で課題を見つけてチャレンジできる人が望ましいですね。

 

部署内外の渦の中心になって動ける人、大歓迎です!

求人が出ている際はぜひご応募ください。

一言メモ

未経験でも素直で自発的なら活躍できる!渦の中心になれる人募集中です!

私の理想の人事担当像


私には理想とする人事担当者像があります。

それは選考結果に関係なく、候補者に「当社の選考を受けて良かったな」と思ってもらえる人事担当になることです。

 

数回の転職経験から、『形式的な質問だけの面接』に違和感を覚えたことが背景にあります。

面接官が質問してきてそれに応えたら、またすぐに別の質問をされるのです。

 

相手のことを知ろうとするなら回答を深堀すると思いますし、

職場の人や友人と話す時に人はそれを自然に行います。

 

だけど私が経験した面接では、質問事項が決まっていて「とりあえず聞いておくか」と言わんばかりで、疎外感を感じました。

 

このような経験から、私は候補者に同じ思いをしてほしくない、候補者にとってベストな選択肢を提案できるような人事担当になりたいと強く思いました。

 

―「評価する立場」ではなく、候補者と同じ目線で接する担当者に

当社を売り込むような面接ではなく、候補者の次につながるきっかけをつくれる人事担当者になろうと決意したのです。

一言メモ

「評価する立場」だけではなく、候補者と同じ目線で接する担当者でありつづける

転職活動中の方に一言


これからも当社は目まぐるしいスピードで成長していきます。

会社の成長には人の採用が不可欠。

私たち人事担当が活躍できる場面は、これからもたくさん増えていくでしょう。

 

活躍の場は採用だけではありません。

ジョブローテーションも柔軟に対応してくれるので、将来は採用以外の業務にも挑戦したいと思っています。

人事採用職を軸に、幅広い経験を積みたい方には最適な環境です!

 

※本記事の使用画像は全てイメージになります

採用公式LINEページを開く

採用公式LINEページを開く