1. TOP
  2. 賃貸管理
  3. ワンルームマンションの原状回復の相場はいくら?空室時にかかる費用を解説
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
賃貸管理

ワンルームマンションの原状回復の相場はいくら?空室時にかかる費用を解説

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

入居者が退去する際には、入居中に生じた汚れや損傷を確認し、部屋を入居した時の状態に戻す原状回復工事を行います。

ワンルームマンションの場合は、原状回復工事にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

今回は、ワンルームマンションの原状回復工事費用の相場と空室時に必要となる費用についてご説明します。

1.ワンルームマンションの原状回復とは

ワンルームマンションの原状回復工事で行う具体的な作業の内容とオーナーと入居者の原状回復費用の負担割合についてご紹介します。

1)ワンルームマンションの原状回復工事の内容

ワンルームマンションの原状回復では主に以下のような作業を行います。

ハウスクリーニング

居室部分はもちろん、キッチン、トイレ、浴室、玄関等、部屋の中のすべてをきれいに清掃します。

壁や床についた汚れ、油で汚れた換気扇、水垢が付いた浴室や洗面所など、落としにくい汚れも清掃業者がプロの技術と道具を使い、きれいな状態に回復させる作業です。

クロスの貼り替え

たばこのヤニが付着したり直射日光で日焼けしたりした場合、クリーニングでは落としきれない汚れや落書きなどがある場合は、クロスの貼り替え作業を行います。

エアコンや給湯器の交換

エアコンや給湯器等の設備が老朽化している場合には、新しいものに交換をします。

排水管の掃除

キッチンや浴室、洗面所等の水回りの排水管が汚れていると悪臭の原因となります。

また、汚れをそのまま放置しておくと排水管が詰まってしまい、水があふれて部屋中が水浸しになってしまう可能性があります。

そのため、高圧洗浄機等を使って排水管の洗浄を行います。

2)原状回復費用のオーナーと入居者の負担割合は?

通常使用の範囲で生じる汚れや傷、時間の経過とともに劣化する部分の原状回復についてはオーナー側の費用負担となります。

しかし、通常使用の範囲を超えた使い方を行ったことで生じた汚れや傷については、入居者が費用を負担することになります。

例えば、喫煙によってクロスにタバコの臭いが染みついたり、黄ばんでしまったりした場合のクロスの貼り替え費用は入居者の負担となります。

逆に、冷蔵庫の裏にあたる部分のクロスが焼けてしまったり、窓側のクロスが日焼けで変色してしまったりした場合などは、通常の使用範囲での汚れや経年劣化に伴う変色であると考えられるため、これらの原状回復費用はオーナーが負担することとなります。

3)経年劣化と原状回復の考え方

国交省が発表している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、クロスや建具、設備などの耐用年数を示しています。

この中で、クロスの耐用年数は6年とされています。

新築時もしくはクロスの貼り替えを行ったタイミングで入居し、3年経過した後に退去する場合、入居者が過失で汚してしまったり、喫煙によって黄ばんでしまったりしたクロスの貼り替え費用は、入居者がその費用を全額負担するわけではありません。

クロスの耐用年数は6年のため、3年後のクロスの価値は新品のクロスの1/2となります。

したがって、入居者は1/2のクロス貼り替え費用を負担することとなり、半分は経年劣化分としてオーナーが負担することとなります。

参照:国交省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

2.ワンルームマンションの原状回復費用の相場

ワンルームマンションの原状回復費用相場は、多くの場合10万円以下となっているようです。

作業別の費用相場を以下にご紹介します。

作業別費用相場

・ハウスクリーニング 20,000円~30,000円

・壁や天井のクロスの貼り替え 30,000円~50,000円

(使用するクロスの材質によって変わります)

・排水管清掃 15,000円~20,000円

・エアコン交換 80,000円~100,000円

・IHコンロの交換 50,000円~60,000円

・給湯器の交換 80,000円~150,000円

(追い炊き機能付き等、機能によって変わります)

以上のうち、エアコン等設備の交換は、毎回必要になるわけではありません。

そのため、これらの交換が必要なければ原状回復費用は低くなり、設備の交換が含まれると原状回復費用は高くなります。

3.空室時に必要となるその他の費用とは

入居者が退去する際には、原状回復費用以外にも必要となる費用があります。

入退去時に必要となる費用についてご説明します。

物件掲載費

新たな入居者の獲得を目指し、有料の賃貸物件検索サイトに情報を掲載したり、サイトの中でもより目立つ位置に物件を表示させたりするオプション機能等に申し込むためには費用がかかります。

管理を管理会社に委託している場合には、契約事務手数料として管理会社が負担をするケースが多くなっています。

仲介手数料

新たな入居者を獲得する際、紹介元となる不動産会社に支払う手数料です。

宅地建物取引業法では、不動産会社はオーナー側もしくは入居者側からそれぞれ賃料の50%以内の仲介手数料を受け取れることが定められています。

オーナー側、もしくは入居者側が事前に了承していれば、どちらか一方が家賃一か月分以内の手数料を支払う形をとることもできます。

広告料

不動産仲介会社に優先して客付けを行ってほしい場合などに、オーナーから仲介会社に支払う料金です。

広告料の相場は家賃1か月分となっており、入居者との賃貸借契約が締結された場合に支払うものです。

仲介会社にとってメリットが大きくなるため、広告料のない物件と比較し、客に対し積極的に物件を紹介してもらえる可能性が高くなります。

まとめ

ワンルームマンションの原状回復費用の相場と、オーナーと入居者の費用負担割合についてご紹介しました。

ワンルームマンションの原状回復費用は、ほとんどの場合10万円以内となっています。

 

ただし、設備の交換が必要になるとその分費用は高くなり、室内や設備の状態が良好でハウスクリーニングのみで済む場合には数万円程度に抑えることができます。

退去時には原状回復費用以外にも新たな入居者を獲得するため、仲介手数料や広告料等の費用も必要になることを覚えておくとよいでしょう。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy