1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. 高い?安い?マンション相場の調べ方
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
不動産の購入

高い?安い?マンション相場の調べ方

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

不動産投資を行う際には、まず、投資をするマンションを購入しなければなりません。

マンションの購入金額は、その後の利回りにも大きく関係してきます。

そのため、購入したいと思うマンションが見つかった場合には、そのマンションが相場と比較して適正な販売価格であるのかどうかをしっかりと判断しなければなりません。

では、マンション相場は、どのように調べればよいのでしょうか。

今回は、マンション相場の調べ方についてご紹介します。

1.マンション相場の調べ方

1)「レインズマーケットインフォメーション」を利用する

レインズマーケットインフォメーションは、国土交通大臣の指定を受けた全国指定流通機構連絡協議会が管理・運営をしている、成約価格を基にした不動産取引情報提供サイトです。

直近の一年間で売買され、取引が成立したマンションの実際の販売価格や成約価格がサイト内に公開されています

エリアや沿線、駅からの距離、専有面積、築年数など細かな条件で絞り込みを行い、成約単価を調べることができます。

そのため、購入を考えている物件と類似した条件を指定して、マンション相場を調べることが可能です。

※参考:レインズマーケットインフォメーションhttp://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

2)「土地総合情報システム」を利用する

土地総合情報システムは、国土交通省が管理するウエブサイトで、不動産の取引価格地価公示都道府県地価調査の価格を調べることができます。

土地総合情報システムで閲覧できる情報は、国土交通省が土地や不動産を購入した人を対象に行ったアンケートもとに、その結果をまとめたものです

5年前までさかのぼり、四半期ごとの指定エリアのマンション取引相場を確認することができます。

※参考:土地総合情報システムhttps://www.land.mlit.go.jp/webland/

3)不動産ポータルサイトを利用する

レインズマーケットインフォメーションや土地総合情報システムで調べることができるマンション相場は、実際に売買契約が成立した過去の取引価格であり、現在販売されているマンション価格ではありません

現在のマンション相場を調べるためには、不動産情報が掲載されているポータルサイトを活用するとよいでしょう

エリア等の詳細情報を絞り込むと、類似の物件の販売価格を調べることができます。

2.マンション相場を調べるときに大切なこと

1)条件をそろえて相場を調べる

都心部にあるマンションと地方にあるマンションでは、たとえ専有面積が同じ程度であっても価格相場は大きく変わります。

マンション相場を調べるときには、地域や沿線、駅などの立地の条件を、購入を検討しているマンションのエリアに絞って調べる必要があります。

また、同じエリアであっても駅からの距離や築年数が違えば、価格も変わってきます。

マンション相場を調べる際には、地域や沿線、専有面積、駅からの距離、築年数などの条件を検討対象の物件にそろえて、調べることが大切です

2)類似条件の取引情報が見つからないときは

近隣エリアで似たような条件の取引実績や販売情報が見つからない場合には、検索条件を緩めて調べる必要があります。

主要駅からの距離や所要時間などが似通った駅であれば、マンション相場も近しい可能性が高くなります。

また、同じくらいの面積のマンションが見つからない場合は、売買価格にこだわらず、平米単価や坪単価での比較をすることができます。

近隣エリアで取引されているマンションの面積と売買価格から1平米あたり(1坪あたり)の単価を導きだすことで、平米単価(坪単価)でのマンション相場を知ることができます。

3.マンション価格を左右する要因とは

1)経済状況で左右するマンション相場

景気が良い状態のときは、マンションを購入する人が増えるため、マンション価格も上がっていきます。

一方で、景気が悪化していくと、先行きの不安定さからマンションを購入する人が減るため、マンション相場も下落していきます。

マンション相場は、需要と供給のバランスによって変動するため、そのときの経済状況によっても大きく左右されます

2)マンション自体の魅力によって変わる価格

入居者の多くが、通勤や通学に便利な立地を希望します。

そのため、人気のエリアにあり、駅から近い距離にあるマンションほど、価格は高くなります。

加えて、急行の停車駅や乗り換えに便利な駅の場合にも、各駅停車のみが止まる駅に比べてマンション価格は上がる傾向にあります。

その他、築年数や階数、間取り、広さなどによってマンション価格は変わってきます。

また、オートロックや防犯カメラなどのセキュリティシステムの有無、宅配ボックスなど利便性の高い共用設備の有無などによってもマンション価格は変動します。

4.まとめ

マンション相場の調べ方や相場を調べる際の注意点について、ご紹介しました。

不動産投資を成功させるためには、どのような物件に投資をするのか、初めの投資物件の選び方が非常に重要となります。

たとえ魅力的で入居者にも人気が出そうなマンションであっても、初期投資にかかる費用が相場と比べて極端に高いようであれば、必ずしもその投資が成功するとは言い切れません。

投資対象として検討したい物件が見つかったら、最寄りの駅や駅からの距離、築年数など、似た条件のマンションの取引実績や販売価格などを調べることが大切です。

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy