1. TOP
  2. 不動産の購入
  3. 資産家は知っている!投資で資産を倍にする72の法則とは
上下にスワイプでメニューを閉じる

Information

11/13(土)【特別合同セミナー】「衆院解散・総選挙後の経済政策と、今後の不動産投資の展望について」開催決定
不動産の購入

資産家は知っている!投資で資産を倍にする72の法則とは

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

72の法則とは利息を含めた資産形成の期間が簡単に計算できるもので、投資において資産形成にかかる期間やローンの返済シミュレーションの目安として役立ちます。

「投資でどのくらいの期間で資産が増えるのかを簡単に知りたい」「利息を含めたシミュレーションがしたい」という方は、「72の法則」に加え、「100の法則」「115の法則」を知っておきましょう。

この記事では、投資やローンで使える72の法則について、単利・複利とは、シミュレーションサイトの紹介や預金の金利について解説していきます。

「金利」「ローン」「単利・複利」といったキーワードが気になる方はぜひご覧ください。

1.【前提知識】72の法則でつかう「単利・複利」とは?

単利とは「元本にのみ」利息が付きます。

複利は「元本に対して付いた利息を含めた資産」に利息が付きます。

例えば毎年定期的に利息が入る定期預金で考えてみましょう。

 

上図のように、単利では元本に対して定額の利子分が毎年上乗せされますが、複利では2年目から「元本+利子」に対して利子が乗せられるため、利子が比例して増加していきます。

投資信託や債券などの金融資産を増やす際には、複利で運用する事で最短で目標額に近づける事が出来ます。

 

一方、ローンにおける複利は、利子が年々増えてしまい結果的に総支払額も多くなってしまいます。

住宅ローンや不動産投資ローンは複利の商品が多いですが、事前に返済シミュレーションを行ってから借り入れを申し込みましょう。

2.利息を含めた試算が簡単にできる!72・100・115の法則とは?

1)72の法則とは

72の法則とは、投資やローンにおける金利が「複利」である際に資産が増える期間の法則を指します。

72÷金利(%)≒複利で資産が2倍になる期間(年数)

例えば1000万円の資産を1年の金利4%の金融商品で運用した場合、「72÷4=18」となり、18年後に2000万円(資産が2倍になる事)が分かります。

定期預金の貯金が倍になるのは何年?

2021年現在、定期預金の金利は5年間500万円を預けた場合、0.003%となっています。

複利で運用した場合、72の法則では

72÷0.003=24000年
2倍になるまで24000年かかる計算となります。

長引く低金利で、定期預金における資産形成が非常に厳しい状況である事が分かります。

 

一方、投資では運用が成功した場合のリターンは、投資信託が平均年3%、株式は平均年4%と言われています。

運用が上手くいった際には定期預金の100倍ですが、有価証券は元本割れや価格変動などのリスクがあります。

 

不動産投資では、需要の高い都心の中古区分マンションの場合利回り3~5%程度となっています。

家賃収入に加え不動産という資産が手に入り、現物への投資のため不況下でも収益が落ちにくいというメリットがあります。

資産形成に興味のある方は、選択肢の1つとして不動産投資を検討してみましょう。

>>合わせて読みたい「不動産投資の仕組みとは?種類やメリット・デメリットも」

2)100の法則とは

100の法則は「単利」で資産を運用し、2倍になる期間を表す法則です。

 

100÷金利(%)≒単利で資産が2倍になる期間(年数)

例:1000万円を金利4%(1年)、単利で運用した場合

100÷4=25 25年間で資産が2倍(2000万円)になります。

3)115の法則とは

115の法則は、「複利」で資産運用を行い、3倍になる期間が試算できます。

 

115÷金利(%)≒複利で資産が3倍になる期間(年数)

例:1000万円を金利4%(1年)、複利で運用した場合

115÷4=28.75 28.75年で資産が3倍(3000万円)になります。

 

100の法則(単利)と115の法則(複利)を比較した場合、3.75年の差で資産に1.5倍の差が生じる事が分かります。

資産運用は複利で行った方が圧倒的に有利となるのです。

 

単利・複利は資産運用だけではなく、ローンにも関わる用語です。

「何となくわかるけど…」「そういえばどんな意味だっけ?」と言う方は意味をおさらいしておきましょう。

3.72の法則の注意点とは

72の法則・100の法則・115の法則はあくまで金利を踏まえた資産運用期間の「目安」であり、厳密に計算できるものではありません。

シミュレーションを念入りに行いたい場合には、金融機関や不動産会社、ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

いずれも専門家に相談する前に、無料シミュレーションツールを利用してみるのが良いでしょう。

4.72の法則を無料シミュレーションする方法

住宅ローンや投資のシミュレーションは、身近な金融に関する情報を提供する金融広報中央委員会「知るぽると」、住宅金融支援機構、金融庁のNISA特設サイトでも行う事が出来ます。

無料でできるシミュレーションサイト

知るぽると

預貯金の受取総額や貯蓄目標額を達成するために必要な毎月の積立額、ローンの毎月、毎年の返済額、繰り上げ返済のシミュレーションなどが出来ます。

住宅金融支援機構

フラット35の簡易シミュレーション、資金計画・返済プラン比較・借り換えシミュレーションなどが行えます。

金融庁:NISA特設ページ

12の質問に答えるだけで、将来の家計を診断できるツールです。

金融庁:金融庁シミュレーション

同じく金融庁のサイト。毎月の積立金額・想定利回り・積立期間の条件を入力、将来の資産額や毎月の積立額、積立期間がシミュレーションできます。

民間の証券会社や金融機関でもweb上で無料シミュレーション出来ます。

あくまで目安となりますが、「おおよその金額が知りたい」「計算が面倒」という方は上記のサイトを利用してみましょう。

 

不動産投信の理想な利回りをシミュレーションする方法はこちら

まとめ

利息を含めた投資の資産形成の期間が簡単に計算できる「72の法則」「100の法則」「115の法則」、単利と複利、シミュレーションができるサイトなどについてお伝えしてきました。

 

金利の数値や運用方法によって資産形成の結果に大きな違いがある事が分かります。

低金利が続く昨今では「利息が少ない定期預金よりも、低い金利で借り入れたローンで不動産に投資する方が早くお金が貯まる」と言うオーナーは数多いです。

 

この記事を参考に、金利や資産形成について知り「不動産投資」という選択肢を加えていきましょう。

 

 

こんな悩みありませんか?


「何から手を付けたらいいか分からない」
「全体像を把握できずにいる」
「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資初心者の悩みを10分で解消!

>>知ると差がつく「不動産投資のススメ」

dummy