1. リフォーム
  2. リフォーム会社の種類とそれぞれの特徴について
上下にスワイプでメニューを閉じる
ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中
リフォーム

リフォーム会社の種類とそれぞれの特徴について

執筆者:Redia編集部 Redia編集部
はてなブックマークでシェアするボタン
lineでシェアするボタン

ご自身が所有する建物やお部屋など、リフォームやリノベーション工事を依頼する際、「どの会社に頼んで良いのか」お悩みになることはないでしょうか。

リフォーム会社にはそれぞれ得意分野があり、手がける施工範囲も異なります。

満足のいくリフォーム・リノベーション工事を成功させるためにも、それそれの特徴や強みについて知っておきましょう。

1.リフォーム会社はいろいろある

マイホームをこれからリフォームしようと考えられている方、中古の家を購入しリノベーションしようと検討されている方、そして不動産投資用物件をお持ちのオーナーさんや大家さん、皆様どこのリフォーム会社に工事を依頼しようか悩まれている方も多いはずです。特に初めて施工をお願いする場合など、決して安くないため工事のレベルや質など不安が募るものです。

一言で「リフォーム会社」と言っても、得意としている分野や施工範囲が異なるなど多種多様です。中には他業種からリフォーム事業に参入した企業も存在します。また、リフォーム・リノベーション工事には新築工事とは違う技術や経験が必要となるケースがあるため、ご自身が所有するお部屋や家の状況に合わせた「会社選び」が重要になります。

そこで、今回はリフォーム会社の種類やそれぞれの特徴・強みなどをご紹介させていただきます。

2.ハウスメーカー系のリフォーム会社

普段からCMや広告などで耳にしているような、大手のハウスメーカーや住宅メーカーのリフォーム部門や子会社として展開していることが多く、知名度の高さとブランドイメージによる安心感がウリです。もともと自社メーカーで建てた新築物件のアフターメンテナンス的な要素が強くありましたが、今は他社メーカーのものも対応しているところが多いです。

また、会社の規模が大きいことから、多くの支店を持ち全国規模で対応してくれるところがメリットと言えます。

その一方、広告宣伝費や営業人件費など多くの経費が伴うため、工事費用が比較的高めであり、大規模なリフォームや増改築など総合的に工事を請負うことは得意ですが、実際の工事などは外部に委託するケースが多いため、細かな対応が不得手な傾向にあります

3.リフォーム専門に特化したリフォーム会社

基本新築工事などを請負わず、リフォームやリノベーション工事を専門に扱う会社です。会社名に「〇〇リフォーム」「〇〇リノベ」など「リフォーム」や「リノベーション」といった単語が入っていることが多く見受けられます。

現在のリノベーションブームも彼らリフォーム専門会社が引っ張ってきたと言っても過言ではありません。また、専業ということからも、豊富な実績や技術力を持ち、細かい対応にも慣れています

ただし、それぞれが独自の個性や強みを持って営業しているところが多いため、例えば北欧系の輸入建材を使用したリフォームが得意な会社に、和モダンテイストの意匠でリフォームを依頼した結果、「イメージと違う」などと言った結果も起こしかねません

依頼する前に一度、専門誌やホームページなどで施工例を確認してから問い合わせてみると良いでしょう。

4.住宅設備・建材メーカー系のリフォーム会社

ユニットバス・トイレ・キッチン・サッシなど住宅の設備や部材を製造販売している企業のリフォーム部門や代理店を指します。有名な住宅設備・建材メーカーですとLIXILやTOTOといった企業がイメージしやすいでしょう。その住宅設備・建材メーカーは、多くの自社製品を取り扱う代理店を全国に展開しています。

強みとしては、それぞれの自社メーカーの設備に関わるリフォームを得意とし、設備自体にはアフターメンテナンスなどのサービスをつけたり、規模も全国レベルでの対応が可能な点が挙げられます。

一方、当然ながら採用される設備(例えばトイレ設備など)のメーカーは一つに限定され、競合メーカーのものを採用することはできません。また、設備以外のリフォームは不得手としている会社もあります。

5.工務店型のリフォーム会社

地場工務店型リフォーム会社の特徴は、その地域の事情や環境に詳しいため、海辺の地域(塩害)・豪雪地域など地域特性に合わせたリフォームが得意な点にあります。地域密着型で営業範囲も限定しているため、建築資材の運搬費や広告宣伝費などのコストも抑えられ、比較的工事費も抑えやすいこともメリットとして挙げられるでしょう。

また、その地域で評判の工務店の特徴は、知識や経験が豊富な腕の良い職人を抱えている点が長所であり、素材を上手く扱える職人であるがゆえに、デザイン面などに多少弱い点が短所とも言えます。

6.設計事務所・建築事務所系のリフォーム会社

設計事務所・建築事務所系のリフォーム会社の特徴といえば、デザイン力の高さと柔軟性に富んだ設計にあります。リフォーム工事の前と後を紹介する有名なTV番組などもこのケースにあたります。設計段階からこだわりたいという方にとっては、建築家・設計士・建築士といった匠たちによって、建材の材質一つから依頼主の生活動線など細かいところにも配慮が行き届く提案力は魅力的です。

ただし、こういった会社の多くが設計までとなってしまうことがあり、工事は別会社で依頼が必要になるため、工期が長くなってしまう可能性があります。また、工事費用の他に別途設計料・デザイン料がかかるケースが多いため予算が高額になりがちです。

7.他業種から新規参入したリフォーム会社

建築業界とは違う業界から参入した企業がリフォーム事業を行っているケースになります。主なものとして「インテリアショップ・家具メーカー系」「家電量販店・ホームセンター系」「水道・電気・ガス会社などのインフラ系」などが挙げられます。メリットとしては、「インテリアショップ・家具メーカー系」であれば、自社ブランドや商品(カーテンや家具など)とリフォーム後の内装のデザインで統一感を出しやすい、など各社メリットは様々です。

気になる点としては、リフォーム業としての経験や歴史が浅いところが挙げられます。

8.不動産会社系のリフォーム会社

不動産会社のリフォーム部門として事業を行っているケースが一般的で、マイホームとして、または投資用として、リフォームやリノベーション工事を前提に中古物件を探している方にとっては、リフォームと物件探しの両方を専門とし一手に担ってもらえるため、煩雑な手続きがスムーズに行え、別々に依頼するよりも費用面でも負担が少なく済みます

また、投資用不動産に強い企業であれば、オーナーさんや大家さんが気にされるであろう、入居率UPや家賃収入UPにつながるリフォーム・リノベーションなど経験やノウハウが豊富にあるでしょう。

ただし、会社によっては不動産部門とリフォーム部門で連携がうまく取れていないケースも考えられますので、リフォームと物件探しの両方を「ワン・ストップ」のサービスとして行っている企業なのか、ホームページなどであらかじめ確認することをお勧めします。

9.満足のいくリフォーム・リノベーションを成功させるために

これまで説明させていただいた通りリフォーム会社にはそれぞれに一長一短があるため、どこに依頼するかを選ぶ際、一概に見積もり段階で工事費の一番安い会社を見つけることが最善とはいえません。

大切なことは「自身が希望するリフォーム・リノベーション工事を実現してくれるかどうか」にあると言えます。

そのためにも、「得意分野や苦手分野は何か」「適性価格かどうか」「実績や経験が豊富か」などの判断基準で、会社ごとの特徴をしっかりと見極める必要があります。

例えば、「適性価格かどうか」ですと、見積もりが安い分、内装などの仕上がりが雑であったり、「実績や経験が豊富か」ですと、リフォームやリノベーション工事には、時に工事が進み始めると思わぬ変更が発生するケースがあり、その際に実績や経験が豊富でないと臨機応変に工事を進めることができなくなる、というようなこともありえるのです。

希望通りのリフォーム・リノベーションを成功させるためにも、リフォーム会社の特徴を見極めた上で自分に合った会社を選べば、きっと満足のいく結果が待っているでしょう。

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中