1. 不動産の購入
  2. どっちがいいの?「建売住宅」VS「注文住宅」メリット・デメリット
上下にスワイプでメニューを閉じる
不動産の購入

どっちがいいの?「建売住宅」VS「注文住宅」メリット・デメリット

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

戸建のマイホームを購入する場合、大きく分けて建売住宅と注文住宅の2つの選択肢があります。

建売住宅と注文住宅では、間取りや設計の自由度や費用、入居時期にわたり大きく異なります。

そこでそれぞれの特徴やメリット・デメリットを比較して、選ぶ際の参考にしてみてください。

1.建売住宅と注文住宅、それぞれの特徴

最初に建売住宅と注文住宅のそれぞれで見られる特徴についてお伝えしていきます。

建売住宅の特徴

建売住宅は購入の際に土地と建物がセットになった状態で販売されている新築一戸建て住宅のことです。さらに、この建売住宅は分譲地内に建てられるタイプの住宅(分譲住宅)と不動産会社が個別に仕入れた土地に建てられるタイプの住宅に分けることができます。

分譲住宅の場合、不動産デベロッパーがある程度の大きさのまとまった土地を仕入れ、その土地を区画割りします。そしてそれぞれの区画の土地に似たような仕様の住宅が何棟も建てられ、ほぼ同時期に販売されます。

それに対して個別に仕入れた土地に建てられるタイプの建売住宅の場合、住宅地の中に一軒だけ建てられて販売されているような新築戸建住宅になります。

大手のデベロッパーが開発するような分譲住宅の場合、コンセプトを決めて同じようなイメージで統一された外観の住宅が並んでいることが多いです。さらに、植栽や私道も美しく配され、きれいな街並みが形成されていたりします。

注文住宅の特徴

注文住宅は別名「注文建築」とも呼ばれ、ハウスメーカーや設計事務所、工務店などに依頼して施主の希望通りの仕様で建ててもらう住宅です。既に完成済みの建売住宅と違って、土地の条件に合わせて工法や間取り、内装、エクステリアの仕様を自由に選んで建てられるので満足度の高い家を建てることができます。

ただし、建売住宅と違って、注文建築で家を建てるには土地を用意しなければなりません。そのため自前で土地を所有していない場合は土地探しからスタートすることになります。また、土地の形状や条件によって希望通りの家が建てられない場合もありますので、土地探しの段階から建築士やハウスメーカーの助言を得る方もいます。銀行の住宅ローンを利用する場合も土地と建物で別々に融資を受けるため、土地を探す際には経験豊富な不動産会社に依頼したいところです。

2.建売住宅と注文住宅のメリット・デメリット

次に建売住宅と注文住宅のそれぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

建売住宅のメリット・デメリット

メリット

  • 土地と建物がセットで販売されるので、資金プランが立てやすい
  • 建物が既に完成済みのため、購入から入居までの時間や手間が注文住宅ほどかからない
  • 家の外観や室内のイメージ、仕様や質感などがイメージしやすい
  • デベロッパーがまとめて土地を購入するために土地と建物を別々に購入する注文住宅よりも価格が割安
  • 分譲住宅の場合、街の景観に統一感や美しさが期待できる

デメリット

  • 間取りや仕様、設備が希望と異なる場合には不満が出る
  • 似たような仕様や間取りの家が並んでいて個性を演出できない
  • 完成済みの家を購入するために施工中の様子を確認できない

注文住宅のメリット・デメリット

メリット

  • 予算に応じて外観や間取り、仕様、設備などが細かく自由に選べる
  • 好きなエリアに土地を購入して家が建てられる
  • 土地の形状に合わせて効率良い住宅が建てられる
  • 建築中の施工状況を確認できる

デメリット

  • 土地と建物を別々に購入する場合、総コストが割高になりがちである
  • 土地の取得から建物の完成、入居までの時間や手間がかかる
  • 規格型住宅やローコスト住宅の場合、注文住宅の割には仕様や設備の選択の自由がそれほどない

3.建売住宅と注文住宅に向いている人とは?

お伝えしたように建売住宅と注文住宅にはそれぞれのメリット・デメリットが異なります。そのため人によって向き不向きがあります。それぞれのタイプごとに向いている人を見ていきます。

建売住宅に向いている人

建売住宅に向いている人は時間や手間をかけずになるべく早く入居したい人に向いています。注文住宅の場合、多くは土地探しからスタートして住宅の間取りや仕様を予算に合わせてハウジングメーカーの建築士などと詰めていかなければなりません。

それだけの時間やエネルギーをかけずに手っ取り早く購入し、すぐに入居できることを優先する人には建売住宅がおすすめとなります。また、同じ仕様で比べた場合、建売住宅のほうが注文住宅よりも総コストで割安に購入できるため、コスト重視の人にも向いていると言えるでしょう

注文住宅に向いている人

既に土地を所有している人は注文住宅が第一候補になると思います。また、自分なりに外観や間取り、仕様について細かくこだわりのある人も注文住宅向きです。特に地震に強い家など工法にもこだわる場合や好きなエリアに家を建てたいという場合には注文住宅が最も向いている住宅となるでしょう。

4.まとめ

お伝えしたように建売住宅と注文住宅では、時間や費用、建物の仕様など様々な点で同じ住宅でありながら、大きく異なるのがわかります。高い買い物ですのでまずはその違いについてよく理解してから選ぶようにしていきたいものです。

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中