1. リフォーム
  2. テレワーク・在宅勤務に最適な間取りプランとは?
上下にスワイプでメニューを閉じる
リフォーム

テレワーク・在宅勤務に最適な間取りプランとは?

執筆者:Redia編集部 Redia編集部

コロナ禍の影響により、今までの生活スタイルが変化した方も多いと思います。外出ができずに家の中で快適に暮らす方法を自ら編み出した方も多くいると思います。また、仕事のスタイルも変化し、在宅勤務に切り替わった方も多くいるのではないでしょうか。

在宅勤務をするには、家族同士でお互いに干渉しあわないよう工夫が必要です。集中できる自分だけのスペースが用意されていないと、仕事や会議に集中できませんし、仕事もはかどりません。

では、在宅勤務をするのに最適な空間とはどんな空間なのでしょうか。今回はテレワーク・在宅勤務に最適な間取りや工夫について紹介していきます。

1.家の中で集中力をアップさせるには?

人間はそもそも脳の構造上、集中しにくいような構造になっていると言われています。周囲が見えなくなるほど作業に集中してしまうと、周囲に危険が迫ったり、家族が危機にさらされたりした際にも危険を察知できないため、一つの事に集中しにくくなっているようです。

人間が集中力を発揮するには、脳を緊張状態にせず、快適でストレスのないリラックスできる空間が必要になってきます。在宅勤務で集中力を持続させるには、リラックスできる「椅子・机・照明・音・インフラ環境・収納・温度・湿度」等の要素がポイントになってきます。

2.テレワーク・在宅勤務に最適な間取りプランとは?

最適な間取といっても生活スタイルや家族構成によって、いろいろなパターンが考えられますが「仕事に集中する空間」にしたいのか「仕事と家事の両立」をさせたいのかにより大きく2つのパターンに分けることができます。

1)仕事に集中する空間

自宅を仕事に集中する空間にするのであれば、家庭内の生活音や会議、電話の打ち合わせの声が内外に漏れないような空間にする必要があります。防音性や空調に気を付けなければならず、必然的に閉鎖された空間が必要になります

また、他の家族に気を遣わせないことも重要になってきます。毎日のことなので、一緒に生活をする上でお互いにストレスが溜まるのはよくありません。

来客者の対応がしやすい

家で本格的に仕事をしていて仕事上の来客がある場合は、玄関先に土足で入れるワークスペース兼応接室をもってくると非常に便利です。土間に改修するのが難しい場合は、玄関から入ってすぐの部屋をワークスペースに活用するのがいいでしょう。

2)仕事と家事の両立

仕事と家事を両立させたのであれば、半個室の空間で、子供の様子が常にわかるような間取りが必要になります。リモートワークの会議の声や生活音が互いに伝わってしまうことは、ある程度受け入れる必要があるでしょう。

リビング内にワークスペース

リビングの一角にガラス張りや小窓がある部屋をもってくるか、簡易な間仕切りや家具、本棚、ロールスクリーンやカーテンなどで簡単に仕切ることで、リビング内にワークスペースをつくることができます。

狭小空間活用

ロフトの活用や、部屋の一部にスキップフロアを増設することで、ワークスペースをつくることができます。工夫次第ではより狭小の納戸押入れクローゼット食品庫家事コーナーなどを利用することもできます。

3.物による工夫でより快適に

間取り変更や模様替えをしなくても、ちょっとした工夫で在宅勤務を快適にする方法もあります。

1)椅子の調整

家にあるダイニング用の椅子を利用して在宅勤務をした方も多かったかと思いますが、ダイニングチェアーは食事をするには最適な高さなのですが、仕事をするには適していません。人によって座高や快適な高さは様々なので、細かく高さの調整ができたり、回転できたり、座面が適度な弾力性をもったビジネス用の椅子でないと、長時間座ることが不快になってしまいます。パソコン操作をしたり文字を書いたりする机の高さと椅子の高さが合っていなければなりません。

また、姿勢が悪いと、肩こり、腰痛、頭痛などの原因になり、仕事の効率も悪化してしまいます。椅子は仕事の作業効率を左右する重要なアイテムです。ぜひ、自分に合った椅子を見つけてみてください。

2)照明の位置

照明の位置も快適に在宅勤務をする上で大事なポイントです。

仮に、寝室の一部を仕事のスペースに利用したとします。その場合、照明は部屋の真ん中にあり、壁に向かって机を配置すると、照明の光が頭の後ろからあたり、手元が暗くなってしまいます。自分の真上もしくは前に光をもってこないと、手元もはっきり見えませんし、オンライン会議やオンラインで商談をする際に、顔が暗くなってしまい、表情もつかみにくいため、相手にマイナスイメージを与えてしまうかもしれません。

オンライン会議で印象をよくするにも、顔の明るさ、部屋の明るさは大切です。手元や顔を明るくするためにデスクライトを設置すると手軽で良いでしょう。

3)部屋のバックをイメージチェンジ

自宅でテレビ会議をするときに、バックに映り込むインテリアが気になる方も多いと思います。画面に映るのはお互いの顔だけでなくプライベートな空間まで背景として映り込んでしまいます。部屋のバックのイメージは平面的なものも良いですが、凹凸感のあるタイルが貼ってあるとより印象が良くなります。

手軽に目隠しをするなら、ロールスクリーンマルチカバーブラインドなどを活用するのもおすすめです。観葉植物などを設置すれば、よりおしゃれに空間を演出できます。

4.まとめ

在宅勤務によって通勤時のストレスを受けることなく、すぐに仕事に取りかかることができ仕事にエネルギーを注ぐことができるという考え方は増えてくると思います。また、家が会社に近いことへの価値観も変わっていき、郊外へ趣味や子育てに最適な住まいを求めて引越しをする方も増えてくるとみられています。在宅勤務は、単に働き方を変えるだけではなく、ライフスタイルそのものに影響を及ぼすことでしょう。在宅勤務に対応できる間取りや工夫を取り入れて、より快適な生活スタイルを手に入れましょう。

ランドネット不動産運用顧問アドバイザー就任。「岸 博幸」氏 元経産省官僚 現慶應義塾大学教授 不動産投資セミナー開催中