1. 賃貸管理
  2. 賃貸マンションの価値を高める設備をまとめてご紹介!
上下にスワイプでメニューを閉じる
不動産投資オンラインセミナー 33年間不動産を扱ってきた私のノウハウを全て伝えたい。ランドネット代表取締役 榮 章博
賃貸管理

賃貸マンションの価値を高める設備をまとめてご紹介!

執筆者:Redia編集部 Redia編集部
はてなブックマークでシェアするボタン
lineでシェアするボタン

入居者から選ばれる賃貸マンションであるためには、駅から近いなどの立地条件や築年数、家賃などの条件も重要ですが、入居者にとって魅力の高い設備が整っているかどうかも重要な条件の一つとなります。

賃貸マンションを建てる時や賃貸マンションのリフォームを行うときのために、入居者に人気の設備を把握しておけば、自身が所有する賃貸マンションの価値を高めることにもつながります。

入居者には、どのような設備の賃貸マンションが人気なのでしょうか。

1.賃貸マンションの価値を高める人気の安心生活ができる「防犯」設備

若い女性などの単身世帯はもちろん、小さな子供のいるファミリー世帯でも重要視するのが防犯設備です。

安心して生活できる環境は、賃貸マンションの価値を高めます。

オートロック

エントランスに設置されたオートロックは、入居者が許可しない限りマンション内に立ち入ることができないため、誰でも自由に自分の部屋の前まで入ってくるというリスクを防ぐことができます。

ストーカーや不審者などの侵入を防ぐ効果があるほか、玄関前までセールスや勧誘の人が入って来られなくなるため、不要な勧誘を断りやすくなるといったメリットもあります。

テレビモニター付きインターフォン

インターフォンだけでは来訪者の様子を知ることができず、知人や宅配便なのか、不審者なのかの判別が難しいこともあります。

テレビモニター付きインターフォンであれば、来訪者の顔がモニターに映し出されるため、玄関を開ける前に訪問者を確認することができて安心です。

防犯カメラ

防犯カメラは、犯罪の抑止効果があると言われており、特に若い女性には人気の設備となっています。

万が一、不審者がマンションに立ち入った場合でも、防犯カメラが設置されている物件であれば不審者の行動が映像に記録され、その後の不審者の追跡や監視に役立てることができます。

ホームセキュリティシステム

ホームセキュリティシステムは、玄関や窓から不審者が侵入した場合に防犯センサーが感知して、警備会社に自動的に通報が入るシステムです。

在宅時に不審者と鉢合わせてしまうことや不在時の不審者の侵入や盗難を防ぐことができるため、若い女性の一人暮らしや小さな子供がいるファミリー世帯でも安心して生活できると人気の設備です。

2.賃貸マンションの価値を高める人気の「快適生活」ができる設備

賃貸マンションは、入居者の家として、ゆっくりと心と体を休めてくつろぐことができる空間でなければなりません。

そのために、日々の生活をより快適に送るための設備は入居者にとって人気があります。

追い炊き機能

お風呂の追い炊き機能は、ファミリー世帯で必要性の高い設備です。

冬場は特にお湯の温度が下がりやすくなります。追い炊き機能の付いていないお風呂では、家族の入浴時間に合わせてその都度お湯を張りなおさなければなりません。

浴室乾燥機

浴室乾燥機は、浴室に干した洗濯物を乾かすための設備です。

雨の日でも、洗濯物を干すことができて便利なのはもちろん、共働き世帯や帰宅が遅い人など、外に洗濯物を干すのが難しい場合でも、室内に洗濯物を干す必要がなく、浴室に干して乾かすことができるので便利です。

洗浄機能付き便座

洗浄機能付き便座は、毎日使うトイレを快適にしてくれる設備として人気です。

最近では、洗浄機能付き便座は設置されていることが当たり前にもなりつつある設備となっています。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、洋服やバッグなどを収納する大きなクローゼットです。

大きな収納空間があることで、居室を広く使うことができるほか、オフシーズンの洋服もそのまま収納することができるため、衣替えの手間も減らすことができます。

3.賃貸マンションの価値を高める人気の「あったら便利」な設備

賃貸マンションの価値を高める設備として、あったらとても便利なものがあります。

インターネット環境(無料)

単身世帯でもファミリー世帯でも人気の高い設備です。

今や、ほとんどの世帯がパソコンやスマートフォンを使ってインターネットに接続しています。入居者が無料でインターネットを利用できる環境は、工事費用や月々の回線使用料を節約することができるとして人気です。

宅配ボックス

インターネットの普及とともにオンラインショッピングを利用する人も増え、荷物を宅配便で受け取るケースが増えています。

宅配ボックスは、宅配便の受け取り時間を気にせずに外出できるため、一人暮らしや共働き世帯に人気です。

備え付け照明

入居者が入居したその日から、通常の生活を始めるためには照明が必要です。

リビングやその他の居室の照明がなければ、入居者は引越し前に照明を購入して、荷物として照明器具を搬入しなければなりません。あらかじめ居室に照明が備え付けてあれば、入居者のこれらの手間や費用を軽減することができます。

エアコン

エアコンも、暑い夏、寒い冬を快適に過ごすには必要なものです。

エアコンは部屋の広さに合わせて購入しなければならず、引越しの際には取り付け費用や取り外し費用が発生します。

また、エアコンの設置工事は引越し当日にはできないことが多く、真夏や真冬の引越しでは設置工事が完了するまでエアコンのない生活を強いられてしまいます。

そのため、エアコンの購入費用もかからず、入居当日から快適な室温を保てるエアコン設置物件は人気です。

4.まとめ

賃貸マンションの価値を高める設備とは、入居者のニーズが高い設備であると言い換えることができます。

インターネット環境(無料)やエントランスのオートロックなど、家賃が周辺の相場より多少高くても入居者が決まりやすいという設備もあります。

所有する賃貸マンションの価値を高めるためには、時代の流れとともに変化する入居者のニーズをしっかりと見極め、ニーズの高い設備を導入することが大切です。

dummy